罪の声のあひるさんの感想

とても読み応えのある作品でした。事件の真相に少しずつ近づいていく様はとてもハラハラし、ページをめくる手が止まりませんでした。
★29 - コメント(0) - 3月14日

感想・レビュー投稿者

102冊/30643ページ/男性/19/大学生・院生

あひるさんの最近の感想・レビュー

35歳の教科書―今から始める戦略的人生計画
自分が教師になった際にこんなことがしたい!というインスピレーションが次々に刺激された一冊でした。目標…続きを読む
夜行
私も尾道の夜の坂を登ったことがあるので、あのなんとも言えぬ心細さがわかりました。それぞれの奇妙で不気…続きを読む
授乳 (講談社文庫)
汚い女を嫌う自分と、それでもその女になっていく自分の葛藤が描かれていたのかなと思います。『御伽の部屋…続きを読む
殺人出産 (講談社文庫)
性や命に関する村田さんの考え方が面白いなと思いました。10>1、1人の恋人より2人の恋人など狂…続きを読む
河童・或阿呆の一生 (新潮文庫)
河童たちの生き方が面白いなと思いました。本当に狂っているのは誰なのかなと思います。続きを読む
お伽草紙 (新潮文庫)
浦島太郎の話が一番印象深かった。孤独に関する太宰の考察が独特だと思った続きを読む
ログイン新規登録(無料)