沈黙のピンクピンクピンクさんの感想

現代っ子な僕は神について例えば尊敬する人を「あの人、マジ神だから」で讃えるくらいの認識しかありません。なのでロドリゴの「神はいなのでは」という恐れ、そして彼のドラマに胸を打たれつつも、理解はできないなという思いです。ただそんな僕でも「罪とは人がもう一人の人間の人生の上を通過しながら、自分がそこに残した痕跡を忘れることだった」という一文に強く惹かれる物がありました。こういう様な宗教の持つ哲学的普遍性を魅力的なスパイスみたいだなと思い、感心するやら恐ろしいやらです。
★35 - コメント(0) - 3月15日

感想・レビュー投稿者

145冊/45998ページ/男性/24/その他

ピンクピンクピンクさんの最近の感想・レビュー

オーブランの少女 (創元推理文庫)
読ともさんのレビューに惹かれて読書。異なる時代、場所に生きる少女を巡る5つの短編集。全編共女子の怖い…続きを読む
オレがマリオ
震災後石垣島へ移住した時と2006年『プーさんの鼻』以降の作品の歌集。読後しみじみとやっぱり俵万智さ…続きを読む
叫び声 (講談社文芸文庫)
黄金の青春期に聞いた恐怖の叫び声。繊細な感受性とナルシズムを強く感じました。作中の僕と自分は同世代で…続きを読む
黒い雨 (新潮文庫)
高校生の時修学旅行で行った原爆ドーム。その時感じた戦争、原爆の深刻な傷跡。そんな物が自分の中で甦りな…続きを読む
神の発見
図書館特集ほんのまくら「以前、ロシアのサント・ペテルブルグを訪れたとき、アンナ・アフマートヴァという…続きを読む
新訳 思い出のマーニー (角川文庫)
図書館特集ほんのまくら「ミセス・プレストンはいつもの心配そうな顔で、アンナの帽子をまっすぐに直した。…続きを読む
ログイン新規登録(無料)