罪の声ののなさんの感想

序盤から緊張感ある物語に引き込まれ、ほぼ一気読み。読み終えてから、タイトルと装丁に改めて感心した。犯罪を扱った小説は後味が悪くなりがちだが、この作品は初めから目指しているものに向けてまっすぐ語りとおされていて、良い意味でえぐみがあまりなかった。また全体にしっかりとした取材を感じ取れて、好感が持てた。
★31 - コメント(0) - 3月13日

感想・レビュー投稿者

439冊/124803ページ/女性

のなさんの最近の感想・レビュー

このあと どうしちゃおう
おじいちゃんの思い描く天国がとにかく素晴らしすぎる。本当にいいとこや~。最後、ちょっとしんみり終わる…続きを読む
ルポ 貧困女子 (岩波新書)
30代、女、非正規、未婚、子なしというのがどういうことか……考えたくない…続きを読む
ハリネズミの願い
ハリネズミのジレンマをほっこり童話にしたようなお話。途中何度も、あ~わかるわかる、となりました。続きを読む
誰が音楽をタダにした?──巨大産業をぶっ潰した男たち
アメリカを中心としたワールドワイドな音楽事情は興味深かった。ライブじゃない音楽はタダで手に入るのが、…続きを読む
ありがとう、さようなら (ダ・ヴィンチ ブックス)
30代の中学校の先生によるエッセイ。さらさらよめて、ほっこりする。続きを読む
桜の下で待っている
短編集。最後2作がお気に入り。優しくて、繊細で、決然としている。これから同著者の本をもっと読んでみた…続きを読む
ログイン新規登録(無料)