夜行のラテさんの感想

ホラーで、不思議で、何処と無く切なくて、余韻の良いお話だった。 夜行に纏わる各地での出来事は実際に起きたことなのか、その後、再会するまでに何があったのか全部想像に任せられていて、それを想像するのがとても怖くて、そして面白いなぁと思う。
★29 - コメント(0) - 3月15日

感想・レビュー投稿者

179冊/62409ページ/男性/30/IT関係

ラテさんの最近の感想・レビュー

アルキメデスは手を汚さない (講談社文庫)
まさかこんなに古い本だったとは、、表紙からは想像つかなかった。登場人物の会話が、まさに昭和って感じ。…続きを読む
人間の大地 (光文社古典新訳文庫)
エッセイだと知っているとやっぱり読んでいて重みが違う。とくに砂漠の中心の極限状態は、読んでいて戦慄を…続きを読む
慟哭 (創元推理文庫)
ミステリーとしては面白かったけど、個人的にはあんまり好きな結末じゃなかった。後味悪い。。やっぱり読む…続きを読む
ノルウェイの森〈下〉 (講談社文庫)
高校の時、好きだった女の子の「ノルウェイの森はただエロいだけだよ」という言葉を受けて、ずっと読んでこ…続きを読む
ノルウェイの森〈上〉 (講談社文庫)
この人のお話は何を読んでも不思議な、でも心地良い手触りの良さを感じる。他の話よりもファンタジーさは控…続きを読む
家鳴り (新潮文庫)
あっという間に読み終えてしまった。これ、SFというかホラーだった。現代を舞台にしているからか状況を鮮…続きを読む
ログイン新規登録(無料)