罪の声のaaturnさんの感想

著者初読み。今年の本屋大賞候補作品であること、実在の事件をモチーフにした作品であるのを機に読んでみた。グリコ事件に関しては、様々な億説があり、犯人がなかなか見つけられないのは、身内の問題等が複雑に絡みあっているのではいう説あり、事件が起こった年はまだ生まれていなかったが、TV等で、マスコミ、警察等が動いても解明に至らず、この物語のようにその後が不幸になるのは解せないと感じた。最初はスローペースであったが、事件を突き詰めている内にドキュメンタリー、新たな真相発見とそれがどうなるのかなという取材の深さに圧巻。
★99 - コメント(0) - 3月15日

感想・レビュー投稿者

779冊/236976ページ/女性

aaturnさんの最近の感想・レビュー

空飛ぶタイヤ(下) (講談社文庫)
最後は、スカッとした読後感で良かった。最後まで、真相を追い続け、メーカーとの問題、学校のPTAの問題…続きを読む
3月のライオン 12 (ヤングアニマルコミックス)
今作は、将棋のタイトル戦、零も対戦の荒波に揉まれながら着々と成長し、試合の読みなどを推測しながら対戦…続きを読む
サロメ
19世紀末のロンドンを舞台にした絵画、画家にまつわる謎解きものである。「サロメ」にまつわる様々な感情…続きを読む
空飛ぶタイヤ(上) (講談社文庫)
運送会社のトラックが死亡事故を起こし、トラックの構造に問題があったのでないかと、メーカーを訴える運送…続きを読む
パレードの明暗 座間味くんの推理
著者初読み。シリーズものだと知らないで読んだが、十分に楽しめる内容。座間味くんが、警察との関わりなど…続きを読む
舞台
読み進めていくうちに、葉太に共感できる部分があったり、少し自重しないとなと感じる部分があったり、理解…続きを読む
ログイン新規登録(無料)