沈黙の生活相談屋さんの感想

サイレンスを見た後に読了。大抵の映画は原作には勝てないが、あの映画は原作に勝っていると思った。原作は確かに素晴らしかった。ロドリゴの内面を映画よりも詳細に描いていたし、キチジローの弱さもよく伝わってきた。でも、これは映画の特権かもしれないが、あの映像と音のリアリティがこの物語の空気を原作以上にリアルに僕に伝えてきたのは確かである。今でもあの映画のエンドロールが僕の記憶の中にありありと刻まれている。神の沈黙。それでも信仰を棄てない理由。救いをもたらすのは神ではなく、やはり人なのだ。
★27 - コメント(0) - 3月16日

感想・レビュー投稿者

391冊/109904ページ/男性/専門職

生活相談屋さんの最近の感想・レビュー

オイコノミア ぼくらの希望の経済学
又吉のNHK教育テレビ番組の書籍化本。まあ、経済学の基礎の基礎を分かりやすく解説してくれてはいる。「…続きを読む
人間の煩悩 (幻冬舎新書)
いやぁ、久々の佐藤愛子。と思ったら、過去の出版物からの抜粋本だった。そりゃそうか、なんせ御年93歳の…続きを読む
臆病者のための億万長者入門 (文春新書)
久々の橘玲。僕の少ない金融リテラシーのほぼ全てはこの人の本から得たものと言っても過言ではない。世間で…続きを読む
図解 90分でわかる!日本で一番やさしい「アベノミクス」超入門
90分でわかるシリーズのアベノミクス解説本。著者の永濱さんは第一生命経済研究所主席エコノミスト。いや…続きを読む
カツ丼わしづかみ食いの法則 (ナマコのからえばり9)
椎名さんのサンデー毎日連載のエッセイ。「赤マントシリーズ」が終わってしまった今、こちらが目下唯一の椎…続きを読む
知らないと恥をかく世界の大問題 (6) 21世紀の曲がり角。世界はどこへ向かうのか? (角川新書)
知ら恥第6巻。2015年の世界の動きを解説。2015年はまさに戦後70年の節目の年。この70年間の世…続きを読む
ログイン新規登録(無料)