沈黙の安芸乃勝さんの感想

人間とは弱いもの。弱いものだからこそ、赦しを請う。その赦しを与えてくれるのは、神でしかない。 しかし、神は黙っているだけで何も答えてはくれない。人間が本当に迷っている状況におかれているときには、赦すだけではなく答えを必要とするのだろう。強い人間は、その答えを自ら引き出すことができ、神に感謝することができるのだが、多くの人間は答えを出すことができない。いつの日か、その困難から逃れていて、答えは出さずじまいで済んでしまっているのが日常だ。本当の宗教とは何か。また新たな問いを受け取ってしまった。
★27 - コメント(0) - 3月16日

感想・レビュー投稿者

102冊/38519ページ/男性

安芸乃勝さんの最近の感想・レビュー

夜と霧 新版
自分が機械であったならどんなに楽かと思うときがある。作者のように明日死ぬかもしれない状況におかれたこ…続きを読む
モモ (岩波少年文庫(127))
小さい頃から時間という目に見えない不思議なものに関心があった。さまざまな専門書を買っては読んでみた結…続きを読む
ランチのアッコちゃん (双葉文庫)
女性のためのスキルアップ指南書のような仕上がり感があり、読んでいて痛々しさを感じてしまった。最後の「…続きを読む
時生 (講談社文庫)
命あるものとしてこの世に落ち、人間の命を授かったならば、これ以上の幸せはないと思う。しかしまた人間で…続きを読む
果つる底なき (講談社文庫)
金も要らず、名も要らず、ただ正義のために。そんな人間今の世の中にいるか?日本を経営している自民の偉い…続きを読む
顔に降りかかる雨 (講談社文庫)
何が江戸川乱歩賞なのかと、疑問を持ちつつ読み進めた作品。最後のほんと最後に大どんでん返しが出てきた。…続きを読む
ログイン新規登録(無料)