罪の声のミレイさんの感想

グリコ・森永事件をモチーフにしたミステリー。 さすがに該当事件に関する記憶はないのでwikiで調べたら「モチーフ」なんてレベルじゃなくて吹いた。 肝心のストーリーは、「本当にそうだったのかも」と思わせるリアリティと、エンタメ作品としての面白さを損なわない展開の絶妙なバランスが見事。安易にスッキリ爽快なオチをつけなかった点にむしろ好感を覚えた。 重く、暗く、やり切れない気持ちになる場面も多々あるけれど、それでも不思議と読後感は悪くない。 願わくば、現実社会の「子供たち」が幸せな人生を歩いていますように。
★105 - コメント(0) - 3月15日

感想・レビュー投稿者

457冊/143050ページ/392レビュー/女性

ミレイさんの最近の感想・レビュー

【文庫】 本能寺の変 431年目の真実 (文芸社文庫)
本棚に積み続けること2年半。「国盗り物語」を制した今の私なら!ということで満を持して読了。主要キャス…続きを読む
国盗り物語〈第4巻〉織田信長〈後編〉 (新潮文庫)
ついに完結。とんでもなく面白かった! 3巻に引き続き光秀に対する信長の仕打ちがあまりにも不憫で不憫で…続きを読む
国盗り物語〈第3巻〉織田信長〈前編〉 (新潮文庫)
いよいよ物語は庄九郎こと斎藤道三の娘婿・織田信長にバトンタッチ。 司馬読書会で大いに話題になった信長…続きを読む
国盗り物語〈2〉斎藤道三〈後編〉 (新潮文庫)
「蝮」の本領発揮で、下克上につぐ下克上により遂に国盗りを実現した庄九郎。 深芳野が産んだ息子の出自す…続きを読む
国盗り物語〈1〉斎藤道三〈前編〉 (新潮文庫)
司馬遼太郎縛りの読書会にて複数の方にオススメいただいた作品。しかも出てくる武将がやたらイケメンと聞い…続きを読む
人斬り以蔵 (新潮文庫)
表題作ほか7編。舞台は戦国時代であったり幕末であったり様々ですが、いずれも歴史上では主役になりきれな…続きを読む
ログイン新規登録(無料)