沈黙のSekkyさんの感想

キリシタンが激しく弾圧されていた江戸時代の長崎が舞台。宣教師の過酷な布教活動を描き、信仰について考えさせられる内容。キリスト教に限らず、何かの宗教の信者になるということは幸せなのだろうか?信仰を持たない者としては色々と理解がし難い。
★21 - コメント(0) - 3月16日

感想・レビュー投稿者

70冊/20715ページ/37レビュー/男性

Sekkyさんの最近の感想・レビュー

9割の病気は腸で治せる! (中経の文庫)
腸を健康に保つことで心も健康になる。腸から幸せを感じるホルモンが作られる。食品添加物の多い食べ物は腸…続きを読む
ワンコイン心理術 (PHP文庫)
あがり症を治す為に死ぬほど恥ずかしいことを1日1回やって荒治療したエピソードが印象的だった。渋谷の交…続きを読む
火花 (文春文庫)
後輩に追い抜かれたり、圧倒的な才能の前に打ちのめされたり、少しだけ売れるけど、長く続かなかったりと、…続きを読む
先延ばしをやめる本 (だいわ文庫)
無意識に完璧もしくはハイクオリティを求めてしまう為に実行に移せていないことが多いということが自覚出来…続きを読む
30日で人生を変える 「続ける」習慣
今まで習慣化しようとして挫折してきたことの理由がようやくわかった気がする。最初は簡単なことから始める…続きを読む
迷子の王様: 君たちに明日はない5
今回のリストラ対象者達に村上はあまり口出しせずに見守ることが多く、それぞれが勝手に自分の状況を受け入…続きを読む
ログイン新規登録(無料)