チョコレートコスモスのやよさんの感想

いま本を読んでいるはずなのに私、観劇してる…?そんな錯覚に陥りそうな筆力の高さ!圧倒された。特に舞台オーディションでの飛鳥と響子の天才二人芝居のくだりは、興奮と緊張の連続で息するのさえ忘れるほど。最終章で飛鳥が携帯電話で話す場面では涙が溢れた。早くも続編が読みたくてうずうず。
★21 - コメント(0) - 3月16日

感想・レビュー投稿者

88冊/23645ページ/88レビュー/女性

やよさんの最近の感想・レビュー

ヨブ記に見る 試練の意味
試練は苦手。稀に前向きな人がいるけど正直すごいと思う。聖書のヨブ記を読むときも、ヨブの試練に苦しくな…続きを読む
億男
弟の借金を背負わされ妻娘も家出。そんな矢先に宝くじで3億円当選。うむ、劇的な人生だ。ドラマ化しそうと…続きを読む
植物図鑑 (幻冬舎文庫)
ハーブティーに角砂糖をたっぷり入れたような甘々な恋愛小説だった。樹とさやかの会話が可愛くって思わず赤…続きを読む
あなたの人生、片づけます (双葉文庫)
春を迎えるにあたって良い本にめぐり会えた。部屋が乱雑だったり物が捨てられない理由は様々だ。でもそこに…続きを読む
キネマの神様 (文春文庫)
映画愛、家族や隣人愛に溢れた物語で、いつまでもあたたかく胸に残るような作品だった。読み終わった後もし…続きを読む
モサ (ダ・ヴィンチブックス)
「この世界にある、きよらかな空気やおいしい肉を、自分みたいな化け物が消費しちゃっていいのかなって考え…続きを読む
ログイン新規登録(無料)