罪の声のkyo-pandaさんの感想

フィクションだとはわかっているが、「グリコ・森永事件」の内容はそのままになっているので、あたかも解決した事件のような錯覚に陥ってしまう。それにしても犯人は今頃何をしているのだろう、この本を読んだだろうか、など思いは膨らむ。今更ながら、この事件の真相を知りたいと強く思った。
★28 - コメント(0) - 3月17日

感想・レビュー投稿者

279冊/98679ページ/18レビュー/女性/60/主婦

kyo-pandaさんの最近の感想・レビュー

使用人たちが見たホワイトハウス 世界一有名な「家」の知られざる裏側
とても面白かった。以前、海外ドラマのホワイトハウスWest Wing を見たが、今回はEast Wi…続きを読む
悲しみのイレーヌ (文春文庫 ル 6-3)
「その女アレックス」を先に読んでしまっていたので、こちらを先に読めばよかったと後悔。最初のうちは、殺…続きを読む
危険なビーナス
何人かの方が書かれているように人物設定やストーリーに少し無理があるかなとは思った。さすが東野作品だけ…続きを読む
何者
サラッと読めた割に、リアルで深~い話。ネットもSNSもなかった頃に就職したおばさんにとっては、今どき…続きを読む
特捜部Q ―キジ殺し―― (ハヤカワ・ポケット・ミステリ 1853)
最初は、話が断片的でなかなか展開せず、少し読みづらかった。だんだんとそれが一つにまとまってきて、ラス…続きを読む
希望荘
杉村三郎シリーズだけど、今までとはガラッと変わって私立探偵に!全然違うんだけど、杉村三郎のテイストは…続きを読む
ログイン新規登録(無料)