沈黙のKamiさんの感想

文学史の知識として、気にはなっていたので、映像化をきっかけに。信教を持たない者としては、何故あの時代に日本に入国、布教したかったのか?殉教することによる英雄を目指したがる様は、ナルシズムとマゾヒズムにしか見えない。そう感じさせるのは、小説としては、成功か。
★22 - コメント(0) - 3月15日

感想・レビュー投稿者

371冊/131393ページ

Kamiさんの最近の感想・レビュー

愛を乞うひと (角川文庫)
ドラマを観て。ドラマの方が、愛をもらえて、許しを与えられて、照恵にとって救いがあったようなラストにな…続きを読む
後妻業 (文春文庫)
最後が、バタバタというより、ばっつん切られた感じ。とりあえず、懲悪で、ちゃんちゃん。といった感じなん…続きを読む
高校入試 (角川文庫)
思わせぶりな一人称で、視点を変えて引っ張るのは、彼女の真骨頂ではないか。ネット上での荒れは、「白雪姫…続きを読む
オレたちバブル入行組 (文春文庫)
今さらながら、半沢直樹。堺雅人のイメージとはちょっと違って、オラオラ系な感じ。でも、ドラマも観てない…続きを読む
本屋さんのダイアナ (新潮文庫)
タイトルから、なんとなくお仕事小説かと手に取ったら、少女二人の成長物語でした。二人と母のこれからも気…続きを読む
【文庫】 丸亀ナイト (文芸社文庫)
なんだかダラダラと続き、入れなかった。全員がグルという例の奴とか、彼らは、その後どうしたんだとか一応…続きを読む
ログイン新規登録(無料)