蜜蜂と遠雷のはっちさんの感想

とっても面白かったです!私にはあまり馴染みのないクラシックのしかもピアノコンクールを舞台にした青春ストーリー。審査員の心情やコンテスタントの思いや成長、心や音の描写、コンクールの緊張感や空気感、興奮がとても伝わってきて読む手が止まらず、改めて読書の素晴らしさを実感し満足の読後感です。読みながら出てくる曲がとても気になり検索して音楽にも触れながらの読書・・いつもと違う雰囲気を味わうことが出来ました。
★49 - コメント(0) - 3月18日

感想・レビュー投稿者

403冊/128970ページ/女性

はっちさんの最近の感想・レビュー

初恋料理教室 (一般書)
藤野恵美 初読み。連作短編集。京都の町屋長屋で、男子限定の料理教室での四人の生徒のお話。出汁の香りの…続きを読む
氷菓 (角川文庫)
古典部シリーズ第1弾、デビュー作。以前から気になっていたシリーズようやく読み始めました、省エネ思考の…続きを読む
天久鷹央の推理カルテV: 神秘のセラピスト (新潮文庫nex)
天久シリーズ7作品目、推理カルテ第5弾。三つの短編集、毎回色々な症例が出てくるのも興味深くサクサク読…続きを読む
ヒポクラテスの憂鬱
シリーズ第2弾。連作短編集、コレクターと名乗る人物の書き込みによって翻弄される警察と法医学教室の面々…続きを読む
千年ごはん (-)
東直子 初読み。食に関するエッセイに短歌が添えられている 共感したり、発見があったり日頃の食に対して…続きを読む
あきない世傳 金と銀〈3〉奔流篇 (時代小説文庫)
シリーズ第3弾。惣次と夫婦となり、ますます聡明さも増しご寮さんとしての度量も備わって、五鈴屋を大店に…続きを読む
ログイン新規登録(無料)