聖なる怠け者の冒険のおかぴさんの感想

とても可愛らしいお話で、夏がが恋しくもなった。小冒険を嗤う者は小冒険に泣くという。僕はどうもぐうたらしがちで、休日は専ら寝て過ごすことが多い。小和田君の気持ちがよくわかる。ところが何処かで冒険にも憧れている。朝から晩まで予定をびっしり詰めて冒険したいと思っていたりする。ところがどうにも内なる怠け者達の蜂起に勝てないのである。いやしかし、人生いたる所に夏休みあり。いやはやステキな夏休みを送りたいものだ!
★7 - コメント(0) - 3月18日

感想・レビュー投稿者

252冊/77831ページ/252レビュー/男性

おかぴさんの最近の感想・レビュー

恋愛寫眞―もうひとつの物語 (小学館文庫)
誕生日にもらった本。時期的に自分と重なるところがあり読みいってしまいました。失った後で気付いたという…続きを読む
ぼくは明日、昨日のきみとデートする (宝島社文庫)
とても切ないお話でした。時間がすれ違う、行き違う。同じ設定の本を読んだことがあって、それでも恋愛もの…続きを読む
麦の海に沈む果実 (講談社文庫)
すごく不思議なお話でした。最後まではらはらさせられて、のめり込んでしまいました。不吉な死亡。事故なの…続きを読む
悲しみよこんにちは (新潮文庫)
あとがきにもあったが、まるで伝説のように、耳にしたり目にしたりしてきた作品をとうとう読むことが出来た…続きを読む
青い月の夜、もう一度彼女に恋をする (双葉文庫)
誕生日にプレゼントとして貰った本。すごく綺麗なお話でした。タイムスリップ物はやっぱりドンピシャで好き…続きを読む
大学4年間で絶対やっておくべきこと (中経の文庫)
知り合いにもらったので読み始めました。もう手遅れ感否めないですが、、。でもこれからの人生に生かせそう…続きを読む
ログイン新規登録(無料)