「満たされない心」の心理学のKAKAPOさんの感想

'10/10/5に読み終えた時より、今の自分に無くてはならない内容でした。アドラー心理学は「人間の悩みは、すべて対人関係の悩みである」としていますが、この本を読んで「私の悩みは、自分自身を信頼できていないこと」に起因していると確信しました。自分を信頼できなくなってしまった理由は、私が「にせ自己」と「真の自己」に分離したためです。その原因は、私が、まだ若い時に自分の可能性を見切り「真の自己」の夢を捨て「にせ自己」で社会と接してきたことによる報いだと思われます。それに気づいたことで、立直ることが出来るかな。
★31 - コメント(5) - 3月18日
KAKAPO
KAZOOさん、pamoさん、MIHOLOさん、Hitoshi Mitaさん、まこみんさん、キューポップさん、ナイス!ありがとうございます。前回は「不安は、逃げようとするほど大きくなるが、面と向かって対処すれば、小さくなる。まず、避けられないこと、単純な行動から手をつける。心は自転車のように、走ることで安定する。私達は、不安を解消し、自信を持ち、勇気を出すために行動する。 行動しない人は、悪循環に陥る。それを断つためには、不安を突き止め、どうすれば自信が持てるのかを考え、行動すること。」と書いていました。
★5 - 03/18 13:01

KAKAPO
papakoさん、cryptoryouさん、心さん、シンシアさん、山下哲実さん、ナイス!ありがとうございます。「自分には価値がない」の心理学を手に入れたことを切っ掛けに再読した「満たされない心」の心理学でした。誰にでもすすめられる本ではありませんが、私にとっては、この時期に再読して良かったと思える内容でした。もしかしたら、心が折れてしまう人たちは、社会に適合するために、自分を押し殺しているのかもしれませんね。――https://elk.bookmeter.com/read_books/63059382
★5 - 03/18 13:18

KAKAPO
sora_blueさん、ひよこさん、Walhallaさん、ミッキー・ダックさん、Natsukiさん、かめよんさん、かいてぃ〜さん、yoshidaさん、秋桜さん、あさよるさん、こんにちは。ちょっとヤバい?感じの感想・レビューなので、皆さんからのナイス!に戸惑っています。世の中はアドラーブームですが、もう少し自分を客観的に見て、何とか立直る切っ掛けを得たいと思っている人には、根本橘夫先生の本がオススメです。私も2冊目なので、偉そうなことは言えませんが、構成がとても良いので、読む歳によって、得るものが違います。
- 03/18 17:58

KAKAPO
トクさん、冬木楼さん、四耐四不さん、ナイスネイチャさん、ehirano1さん、1万縁冊さん、ヘルニアさん、ナイス!ありがとうございます。この本を読んだ私の結論「満たされない心」から脱出する方法は「目標を立て、その達成に向けて行動を起こすこと…」そしてその目標は、他者から社会的に認められることを目指す「間接的に自己を満たすもの」ではなく「自らの自然な欲求を満たすもの」であることが望ましい。「ありがとう」のためではなく、自分が生きているという事実に感謝できるような、自分の人生に価値を見出せるものが望ましい。
- 03/19 07:02

KAKAPO
Masaru Yamadaさん、0607xxxさん、イーストゲートさん、おはようございます。ナイス!ありがとうございます。「にせ自己」と「真の自己」に分裂してしまった自分を修復するためには、何よりも、「夢を思い出して、今の自分に合った形に整え、目標を立てて、日々前進する」ことが大切なのかもしれません。そのプラン、ドゥー、チェック、アクトをスパイラルアップさせるためには、今読んでいる苫米地英人さんの『気を整えて夢をかなえるリセット整理術』が、嵌りそうです。
- 03/21 05:36


感想・レビュー投稿者

903冊/252696ページ/男性/58/専門職

KAKAPOさんの最近の感想・レビュー

アドラー心理学を深く知る29のキーワード(祥伝社新書)
監修の岩井俊憲氏は“はしがき”で『嫌われる勇気』以降「アドラー」を名乗る本を…続きを読む
「普通がいい」という病~「自分を取りもどす」10講 (講談社現代新書)
P111「感情の井戸」図5-1を見た時、私は、岸田秀さん+伊丹十三さんの共著『哺育器の中の大人』のP…続きを読む
本当に役に立つ「失敗学」 (中経の文庫)
上司が購入した本が、オフィスの書棚にあるのですが、文庫化されていたので、自分専用に買いました。失敗学…続きを読む
アドラーに学ぶ よく生きるために働くということ (ベスト新書)
’14/12/24『嫌われる勇気』'15/1/24『アドラー心理学入門』&rs…続きを読む
日常の小さなイライラから解放される「箱」の法則―感情に振りまわされない人生を選択する
おわりにより「どんなことが起きても、箱には入らないで、それらと向き合えたらと思います。それが、一番、…続きを読む
400のプロジェクトを同時に進める 佐藤オオキのスピード仕事術
デザインオフィスnendoを率いる佐藤オオキさんによる本だが、テーマは、デザインの話だけではなく仕事…続きを読む
ログイン新規登録(無料)