罪の声のToko Satoさんの感想

グリコ森永事件とはなんだったのか。日本を震撼させたあの未解決事件がなぜ起きたのか、犯人の狙いは。事件に迫る二人の男がついに出会う時、もう一つの物語が解き明かされます。後半はぐいぐい引き込まれました。
★21 - コメント(0) - 3月17日

感想・レビュー投稿者

95冊/31854ページ

Toko Satoさんの最近の感想・レビュー

教場
警察学校とは、警察官を育てる場ではない。人は極限まで追い詰められると、何をしでかすかわからないという…続きを読む
紙の月
銀行の契約社員が1億円横領って、リアリティなくていまいちのりきれず。よくある「幸せはお金では買えない…続きを読む
夜中に犬に起こった奇妙な事件 (ハリネズミの本箱)
アスペルガー症候群の15歳の少年の視点で描かれた、一風変わった家族の物語。2003年に原書とほぼ同時…続きを読む
トラッシュ (MF文庫ダ・ヴィンチ)
ゴミの山に住む貧しい少年が、とんでもない「お宝」を発見した。仲間3人は危険を顧みずその謎解きの旅に出…続きを読む
捏造の科学者 STAP細胞事件
STAP細胞は本当にあるのかないのかが知りたくて本書を読み始めたが、ツボは違った。科学者間には嫉妬や…続きを読む
卵をめぐる祖父の戦争 (ハヤカワ文庫NV)
ドイツ軍の包囲下にあったレニングラード。略奪罪のユダヤ人と脱走兵の若きコンビは、ソ連秘密警察の大佐に…続きを読む
ログイン新規登録(無料)