コンビニ人間のマコトさんの感想

狭い範囲の中でしか居場所を見つけられないとか、人によって仮面を付け替えるとかはまぁ良くある話ではあるけど、本作の主人公は極端過ぎてドン引きしてしまった。普通じゃない人を受け入れない世間の不寛容さに憤るような描写もあるが、同級生をいきなりスコップで叩きつけるような人は奇異な目で見られても仕方が無いのでは。周りから見るだけなら多様性を認めようとか言えるかもしれないけど、実際身の回りに居たらと思うとゾッとするでしょ。社会に適応するのが苦手くらいの描写ならまだ共感できた部分があるのに。ちょっと残念。
★44 - コメント(2) - 3月19日
keiトモニ
マコトさん、ナイスありがとうございます。普通って何でしょう。普通がおかしいのでしょうか。読んでいて不快感で気分が悪くなりました
- 03/19 16:35

マコト
keiトモニさん。僕は「普通」とか「普通じゃない」とかはどうでもいいと考えます。ただ廻りに迷惑を掛けない事と言うのが大前提です。
- 03/19 16:43


感想・レビュー投稿者

712冊/267953ページ/男性/43/クリエーター系

マコトさんの最近の感想・レビュー

家族八景 (新潮文庫)
面白いけどかなりエグイ。もう少し普通の人間がいても良いんじゃなかろうか。続きを読む
空飛ぶ馬 (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)
日常の謎の名作と言われる本作。事前情報でハードルが上がり過ぎてしまったせいかちょっと肩透かし気味。次…続きを読む
ようこそ授賞式の夕べに (成風堂書店事件メモ(邂逅編)) (創元推理文庫)
面白い。本屋大賞を題材にした作品ですが、この本こそ本屋大賞にノミネートされてもおかしくない気がする。…続きを読む
最良の嘘の最後のひと言 (創元推理文庫)
面白かった。が、まだ全容を把握出来ているのか自信が無い。続きを読む
悪魔のいる天国 (新潮文庫)
落語のような話もあるけど、多くはピリ辛なショートショート。中でも『ピーターパンの島』は後を引く重さ。…続きを読む
ヴィヨンの妻 (新潮文庫)
どの話も悲哀と滑稽さが滲み出てくる。続きを読む
ログイン新規登録(無料)