沈黙のミカさんの感想

びっくりした。予想外ではないストーリーで想像以上のドラマティック。キチジローの弱さをわたしは弱さだとは感じない。生れつき弱い者ににとってこの時代に生まれてしまった悲哀。俺は恨めしいとわめく声が心に沁みる。二十年間布教したフェレイラがたどり着く、“日本は沼”“日本人は人間とは全く隔絶した神を考える能力をもっていない”という結論は感覚的にすぐ理解できる。…ちょっと遠藤周作にハマるかも。
★41 - コメント(1) - 3月20日
ミカ
あとがきでは作者が主人公にまったくの異国人を選んで、その事に成功していると書かれている。確かにと思うのは、風の仕業に対して怒りに似た気持ちを生じる個所(P45)。この国に育った人間は初めに安堵感が生じ、よっぽどのことでない限り自然に対して怒らないように思う。
★12 - 03/20 01:05


感想・レビュー投稿者

303冊/97793ページ/女性/事務系

ミカさんの最近の感想・レビュー

偉くない「私」が一番自由 (文春文庫)
あちこちで掲載されたものを寄せ集めたことが、却って“万里さん像 ”を浮かび上…続きを読む
言葉を育てる―米原万里対談集 (ちくま文庫)
さすが万里さん。お話拝聴するだけで自分が少し賢くなった気がする。ソ連の小学生の作文教育は面白そう。(…続きを読む
サーモン・キャッチャー the Novel
深夜ドラマ『怪奇恋愛作戦』に大いにはまったので手に取る。ケラリーノ・サンドロヴィッチさんが関わるなら…続きを読む
チョコレートコスモス (角川文庫)
『64』以来の一気読み。っはー。満腹。満足。続編がでなくても満足なような、でもやっぱり読みたいような…続きを読む
有頂天家族 (幻冬舎文庫)
再読。携帯を充電できる矢四郎はかわいいかわいい存在、マイアイドル。そのかわいさを越えるのが仙酔楼でほ…続きを読む
四畳半王国見聞録 (新潮文庫)
再読。もう読まないかなぁと手放していたので買い直した。これまでの作品ほどの吸引力はないが、けっこう好…続きを読む
ログイン新規登録(無料)