蜜蜂と遠雷の木目さんの感想

ピアノの演奏の描写と、演奏者と観客の心情描写だけで500ページにわたる長編を成り立たせている作者の技量のすごさ。
★37 - コメント(0) - 3月20日

感想・レビュー投稿者

66冊/18418ページ/9レビュー/男性/22/大学生・院生

木目さんの最近の感想・レビュー

草枕 (新潮文庫)
小説ではなくエッセイを読んでいるよう。詩人や画家という存在の性質について何やら難しく論じられている中…続きを読む
砂の女 (新潮文庫)
非常に空想的だが実際にあり得なくもない絶妙な設定。最初は男の置かれた状況を思い浮かべ背筋が凍る思いを…続きを読む
当世書生気質 (岩波文庫)
面白い。本文の中で続編をきっと出すと著者自身が言っているが、結局出さなかったらしく非常に残念。続きを読む
中東イスラーム民族史―競合するアラブ、イラン、トルコ (中公新書)
オスマン帝国においてアラブ人たちは支配者層のトルコ人をイスラームの同胞と見なし、その支配に反発するの…続きを読む
深夜特急〈1〉香港・マカオ (新潮文庫)
このシリーズを読めば誰でもパックパッカーとして旅に出たくなると聞いていたが、第1巻を読み終えた時点で…続きを読む
人間失格【新潮文庫】 (新潮文庫 (た-2-5))
主人公の職業が作家ではなく低俗な漫画家であることと、自らに好意を持つ女性に対して主人公が放つ「キスし…続きを読む
ログイン新規登録(無料)