コンビニ人間のろるさんの感想

普通とはなにか ということを真正面から問われているような感覚に陥りました。普通というのは誰にでもわかって当然なことのようで価値観の違う私達人間は多種多様の普通を思い描いているものです。個人が尊重されることが重んじられる今の世の中で、なお強く根付いている普通という概念をもう一度考え直す機会をくれた本でした。
★44 - コメント(0) - 3月20日

感想・レビュー投稿者

4冊/1190ページ/4レビュー

ろるさんの最近の感想・レビュー

グロテスク〈下〉 (文春文庫)
百合子、和恵、そして語り手である私の人生が全部崩れ落ちてゆく様子が鮮明に伝わってきました。美しさに囚…続きを読む
グロテスク〈上〉 (文春文庫)
登場人物全てに共感なんてしたくないのにどこか共感してしまう、わかってしまうそんな1冊。人間の醜い部分…続きを読む
火花 (文春文庫)
笑いを追求する徳永と神谷のふたりが最高に熱くて、最高に切なかった。続きを読む
ログイン新規登録(無料)