蜜蜂と遠雷のyuuさんの感想

yuu
500ページ越えのかなり分厚い本で、購入した時は読み切れるか、理解できるかが心配だった。しかし、読み始めるとページをめくる手が止まらず、読み終えた時には、もっとこの世界に浸っていたかったという寂しさも感じられた。 恩田さんの文章そのものが、美しく、かつ精密な音楽のようで、頭の中に豊かな色彩と情景が浮かんできた。 いつか、風間塵のエキセントリックな演奏を聴いてみたい。
★52 - コメント(0) - 3月20日

感想・レビュー投稿者

yuu
144冊/48701ページ/4レビュー/女性/小/中/高校生

yuuさんの最近の感想・レビュー

マスカレード・ホテル
恥ずかしながら、初めて東野圭吾作品を読みました。ミステリーの中ではそこまで難しい話ではなく、結構軽く…続きを読む
ぼくは明日、昨日のきみとデートする (宝島社文庫)
再読したので、2回目での感想。やっぱり切ない!色んなところで、2回目以上だからこその切なさを感じる。…続きを読む
ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。 (100周年書き下ろし)
タイトルの意味が分かった時は鳥肌がたった。この一瞬のためにこの本を読んでたんだなあなんて思えた。 続きを読む
ログイン新規登録(無料)