動物農場: 付「G・オーウェルをめぐって」開高健のとみさわ昭仁さんの感想

動物たちが革命を起こし人間から農場を奪い取るが、やがて動物の中から独裁者が現れ、同胞から搾取してゆく。それは人類史上の様々な独裁者や革命政権を思い起こさせるものだが、残念なことに現代の日本でも、似たようなことはどこでも行なわれていることなのだ。
★6 - コメント(0) - 3月20日

感想・レビュー投稿者

615冊/165852ページ/男性/55/その他

とみさわ昭仁さんの最近の感想・レビュー

痕跡本の世界: 古本に残された不思議な何か (ちくま文庫)
痕跡本を楽しむには「前の持ち主とのシンクロ率」が大事であると、著者の古沢和宏氏は言う。その影響でぼく…続きを読む
動物の「食」に学ぶ
大型動物がそのサイズに比例して少食でも体躯の大きさを維持できていることの理由や、微生物がなぜわざわざ…続きを読む
ピントがボケる音―OUT OF FOCUS,OUT OF SOUND
再読。そして死ぬまでにもう一回くらい読むと思う。続きを読む
ヒトはなぜヒトを食べたか―生態人類学から見た文化の起源 (ハヤカワ文庫―ハヤカワ・ノンフィクション文庫)
アステカ文明における生贄のレシピと、バーベキューの語源がカリブ族の食人習慣に由来する(人肉を焼く若木…続きを読む
暗黒ディズニー入門 (コア新書)
ダンボに感情移入して泣きそうになるヨシキさんが可愛い。続きを読む
ログイン新規登録(無料)