蜜蜂と遠雷のティパリンさんの感想

曲や音の表現が素敵で、ピアノコンサートに行ってみたくなった。クラシック音楽に通じていたら、登場人物たちの曲の選択やプログラム編成も楽しめたのだろう。登場人物たちが自分の音楽をつかみ成長していく物語も読みごたえがあった。
★37 - コメント(0) - 3月20日

感想・レビュー投稿者

485冊/142277ページ/444レビュー/女性

ティパリンさんの最近の感想・レビュー

夜行
あの夜を境に二つのパラレルワールドが生まれたのか? ホラーめいた物語もいいけれど、やっぱり阿呆な人た…続きを読む
笑って、泣いて、考えて。 永六輔の尽きない話
永さんのことは、色んなことができるマルチなおじさん、くらいのイメージでしたが、実はすごい人なんですね…続きを読む
再発! それでもわたしは山に登る
がん告知後も、登山に講演にイベントに取材と、精力的にこなす田部井さん。がんを受け入れつつも、時間を最…続きを読む
新聞大学
新聞は、あらゆる‟教科”の最新情報が載っている。そんな新聞を教科書とした「新聞大学」のス…続きを読む
奇跡の醤(ひしお)  陸前高田の老舗醤油蔵 八木澤商店再生の物語
社員、同業者、八木澤ファン・・・。人と人のつながりを強く感じました。ビジネスライクな会社経営よりも、…続きを読む
料理通異聞
人を喜ばせたいという心と店が評判になるだろうという計算、相反するようでそれが八百善を江戸で一番の料理…続きを読む
ログイン新規登録(無料)