コンビニ人間のリンドさんの感想

芥川賞受賞作をあまり面白いと思ったことはない。でもこの作品は面白かった。人は日常会話の中で「普通は~」とか「一般的に~」と言うことが多いけど、いったい普通って何だろう?と考えさせられるような内容だった。大小関係なく一つの輪の中で、自分が少数派だと普通ではないと思われ、その輪の中から排除されそうになる。そうならないよう自分を誤魔化し、他人に合わせて、必死で多数派になろうとしている人は多いだろう。でも、多数派こそが実は普通ではなく異常なのかもしれない。
★50 - コメント(0) - 3月21日

感想・レビュー投稿者

463冊/147318ページ/334レビュー/女性

リンドさんの最近の感想・レビュー

世にも奇妙な君物語
全5話の短編集。どの話も面白かった。タモさんがストーリーテラーをしている「世にも奇妙な物語」として是…続きを読む
絶対正義
正義を振りかざす範子。ではその正義とはいったい何か?範子の場合、法律を基準とした正義。ほんの少しでも…続きを読む
壁の男
すっごく良かった。ミステリーではない貫井さんの作品を読んだのは初めてかも。とにかく時系列の組み立て方…続きを読む
行方
春口さん3作目。登場人物がだいたい出揃ったところで、話の展開は読めるけれど、それでも最後まで引き込ま…続きを読む
あなたのための誘拐
こ、これは……面白い!とにかく夢中になって読んだ。最後の最後まで読者に気…続きを読む
十二人の死にたい子どもたち
12人の人物像を把握するのがなかなか厄介で、時系列を把握するのが何とも難儀だった。シンジロウの推理に…続きを読む
ログイン新規登録(無料)