罪の声のしゅうごろうさんの感想

読んでもうた。購入してから、いろいろな作品に気を取られ、後回しになっていたが、読んでもうた。読み応えがありました。フィクションだけど実際の事件がちりばめてあるので、これってノンフィクションとかん違いしてしまいそうになる。後半の50ページを読み自分が恵まれているかをひしひしと感じる今日この頃。
★27 - コメント(0) - 3月20日

感想・レビュー投稿者

41冊/12811ページ/30レビュー/男性/公務員

しゅうごろうさんの最近の感想・レビュー

贖罪 (双葉文庫)
読んでもうた。湊作品2作目。全回読んだ往復書簡からすっかり好きな作家になってしまい。本屋でいっぱい購…続きを読む
往復書簡 (幻冬舎文庫)
読んでもうた。湊作品は、テレビや映画ではよく見ていてが、活字を読んだのはこの作品が初めて。新聞の書評…続きを読む
i(アイ)
i
読んでもうた。西加奈子作品は、昔「さくら」を読んで以来だ。必死に孤独と闘う主人公が印象的であった。久…続きを読む
騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編
読んでもうた。途中からとまらなくなり、加速級的に読んでもうた。途中幻想的な部分があり、「現実味がない…続きを読む
騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編
読んでもうた。しかし、時間かかってもうた。やはり、村上作品は、読みやすく、面白いなとあらためて感じる…続きを読む
コーヒーが冷めないうちに
読んでもうた。最初は読みすすめているうちに過去にも未来にも行けるなんて、なんか現実離れしすぎている感…続きを読む
ログイン新規登録(無料)