コンビニ人間のじょうきさんの感想

テレビなどでよく紹介されていて気になっていた。個人的にあまり芥川賞作品との相性が良くないように思っていたのだが、本作は大変面白かった。主人公が感じる自分と世界との違和感が、わからないのだけれど、わかるような気がするのが絶妙。普通とは何か。少し距離を置いて見れば、自分が普通と思っていることこそ異常なのではないか?そんなことを考えさせられた。
★60 - コメント(0) - 3月20日

感想・レビュー投稿者

45冊/16728ページ/35レビュー/男性/33/公務員

じょうきさんの最近の感想・レビュー

村上海賊の娘(四) (新潮文庫)
登場人物それぞれの思いが様々な形で完結していった。物語の流れで一度敵方に入り込むため、敵味方双方に感…続きを読む
村上海賊の娘(三) (新潮文庫)
撤退を決めた毛利軍が戦場へ返していく箇所では鳥肌が立った。本当に盛り上げ方がうまい。鬼手が果たしてど…続きを読む
村上海賊の娘(二) (新潮文庫)
様々な戦略や思惑が入り混じって繰り広げられる合戦は読み応え充分。七五三兵衛が魅力的で、主人公である景…続きを読む
村上海賊の娘(一) (新潮文庫)
登場人物たちに人間味が溢れていて、特に主人公の、欲に向かって突っ走りながらも、豪気なところが魅力的。…続きを読む
ブック・ジャングル (文春文庫)
閉鎖空間の攻防戦は石持浅海の得意とする状況設定だが、いつもの会話を中心とした論理をぶつけ合う心理戦と…続きを読む
その後のツレがうつになりまして。 (幻冬舎文庫)
鬱になった本人、家族。お互いの思いが擦れ違ったり、後から気付いたりに涙が出そうになった。前作から立て…続きを読む
ログイン新規登録(無料)