和菓子のアンのspicaさんの感想

和菓子に歴史あり。小さなひとつの和菓子に秘められた意味が、こんな風に人の人生と結びついていくなんて。和菓子の甘さが固まった心を解いていってくれるんですね。魔法にかかったように少しずつ和菓子の世界にのめりこんでいくアンちゃんの気持ちが手に取るようにわかって、読んでいる途中からすでに和菓子コーナーに走ってしまいました。和菓子に、そして和菓子を求めにくる人々に、こんな風に誇りと思いやりを持って接してくれる店員さんたちに出会えたら幸せ。何といってもアンちゃんのほっぺをぷにぷにしたいです!
★107 - コメント(3) - 2010年8月20日
spica
物語に出てきた6月30日の氷の節句に食べるという「水無月」。通りかかった和菓子屋さんにあったので早速買って食べました。遅ればせながらの厄払いです。
- 08/20 20:55


はじめまして。良いなぁ〜食べた!って聞くと余計に食べたくなる〜 絶対和菓子屋さんとタッグ組んでる!
- 08/22 09:35

spica
ちゅもママさん、コメント有難うございます!まだまだ和菓子熱冷めてません。もし和菓子屋さんとタッグを組んでいたとしたら、まんまと踊らされまくってます〜(笑)。ダイエット中の身には危険な本ですよね〜!
- 08/23 13:50


感想・レビュー投稿者

959冊/271576ページ/410レビュー/女性

spicaさんの最近の感想・レビュー

古書店めぐりは夫婦で (ハヤカワ文庫NF)
夫婦そろって作家の二人が古書収集にはまっていく実体験を小説化。 いかにお金をかけずに良い贈りものがで…続きを読む
テンペスト 下 花風の巻
舞台は幕末の琉球王国。更に女性が男装して宮廷に入るなんてドキドキの鉄板設定。 歴史よりは娯楽色が断然…続きを読む
神様のカルテ 2
どんなに大切な人でも、必要とされている人でも、人は死を迎えるものなんですよね…。 そん…続きを読む
伏 贋作・里見八犬伝
小学校のときに読んだ児童文学の八犬伝(馬琴)とも角川映画の八犬伝とも、設定も何もかも違った新しい八犬…続きを読む
アライバル
文字の無い絵のみの絵本。でも、どんな本よりも雄弁でした。異世界なのに何故か馴染みのある不思議な世界。…続きを読む
こちらあみ子
とにかく凄いな、と圧倒されました。知りたかったけど知りたくなかった心の中を覗いてしまった感じです。 …続きを読む
ログイン新規登録(無料)