グレート・ギャツビーのキキさんの感想

ギャツビーのひたむきさに打たれた。ギャツビーとデイジーは出会うべくして出会い、ああいう結末しかありえないだろうとは思う。ニックとギャツビーがデイジーの声について言及する場面には、はっとさせられた。そっかデイジーって…そっか…と思って哀しくなった。、、村上春樹訳ということで、村上春樹と切り離すのが良くも悪くも難しい。でもとても良かった。
★4 - コメント(0) - 2011年1月27日

感想・レビュー投稿者

204冊/64898ページ

キキさんの最近の感想・レビュー

あなたが私を見つける所
短編集、というより、断片集。日々のすき間にふいにおとずれる一瞬を、力強い筆致で描いている。突然の強風…続きを読む
対訳 ディキンソン詩集―アメリカ詩人選〈3〉 (岩波文庫)
ディキンソン好きだなあ。ひっそりと咲くスミレのよう。対訳形式の詩集は初めて読んだけど、原文と訳文のあ…続きを読む
NHK新3か月トピック英会話 ハートで感じる英語塾 英語の5原則編 (語学シリーズ NHK新3か月トピック英会話)
もらったので、1日1章ずつ読んでみた。英語があまり得意じゃないので、ざくっと感覚的な切り口で、わかり…続きを読む
ハーモニー (ハヤカワ文庫JA)
内向きというか、内的な世界を切実に描いていて、今だから言えてしまうことだけど、911を経験し、311…続きを読む
僕たちは歩かない (角川文庫)
手触りは羽根のように軽いんだけれども、いざ、こんな風に人を亡くしてみると、こんな風に探し当てるしかな…続きを読む
乙女の密告
経歴を読む限りでは、それこそ血を吐くような、一生に一度しかかけないレベルの作品にもできたのではないか…続きを読む
ログイン新規登録(無料)