大江健三郎のプロフィール

大江健三郎(おおえけんざぶろう)。1935年1月31日生まれ、愛媛県出身。東京大学文学部フランス文学科卒業。大学在学中の1957年に「死者の奢り」でデビュー。翌年、「飼育」にて当時最年少の23歳で芥川賞を受賞。

大江健三郎の受賞歴

1958「飼育」芥川龍之介賞
1964「個人的な体験」新潮社文学賞
1967「万延元年のフットボール」谷崎潤一郎賞
1973「洪水はわが魂に及び」野間文芸賞
1983「「雨の木」(レイン・ツリー)を聴く女たち」読売文学賞
1983「新しい人よ眼ざめよ」大佛次郎賞
1990「人生の親戚」伊藤整文学賞
1994「燃えあがる緑の木」ノーベル文学賞
KはKindle版のマークになります。
ログイン新規登録(無料)