松本清張のプロフィール

松本清張(まつもとせいちょう)。1909年12月21日-1992年8月4日。本人によると、出生届が出されたのは小倉だが、実際は広島県で生まれたと発言している。実家が貧しかったため、1924年に板櫃尋常高等小学校を卒業したのちに就職。1952年「西郷札」でデビュー。

松本清張の受賞歴

1953「或る「小倉日記」伝」で芥川賞
1957「」第10回日本探偵作家クラブ賞(現・日本推理作家協会賞)
1959「小説帝銀事件」第16回文藝春秋読者賞
1967「昭和史発掘」「花氷」「逃亡」第1回吉川英治文学賞
1967「砂漠の塩」第5回婦人公論読者賞
1970「昭和史発掘」などの創作活動で第18回菊池寛賞
KはKindle版のマークになります。
ログイン新規登録(無料)