N

Nさんの1月の読書メーター
記録初日
2004年07月01日
経過日数
4623日
読んだ本
498冊(1日平均0.1冊)
読んだページ
133685ページ(1日平均26ページ)
感想/レビュー
428件(投稿率85.9%)
本棚
1棚
性別
職業
IT関係
URL / ブログ
自己紹介
立ち読みと図書館。お気軽にお気に入りやメッセージ、コメントください。
読書メーターの読みたい本から安い本を探すウェブサイトを運営しています
http://bookscraper.xyz

since April 21, 2011 on book meter.

読書グラフ

最近の感想・レビュー(428件)

N
短編集。「クロスワード・パズル」よい。宿泊客と一言の会話ですでに懇ろの関係になる。人はときに出会ったときから両思いになる。「真夏の死」は暗澹としている。最愛の人を失ったときの自暴自棄で自分の不幸を呪い人を恨めしく思い非難する気持ちが描かれる。そんな人を慰めることに周囲が疲れ切っていくのも不幸な話だ。「雨の中の噴水」は、なんだか、かわいい。
★1 - コメント(0) - 2月25日

N
著者がサイコパスっぽい。人に共感しなさそう。結婚にかかる費用、離婚にかかる費用、養育費などを様々なケースや現行の法に応じて計算する。損特が全てではないとはいえ大事なことだ。
★2 - コメント(0) - 2月24日

N
よくわからなかった。ニーチェとは正反対だな。
★1 - コメント(0) - 2月24日

N
人間の開発力は産業革命のときに垂直に上がった。そして再び、コンピュータの時代に入ってこれまでと比べ物にならないほど開発力は上がった。それをthe second machine ageと呼ぶ。機械が単純作業から、限定的にだが知性的な仕事を代替し、貧富格差が拡がり、スーパースター(超金持ちのこと)が現れる。べき分布はよりきつくなり富は偏在する。一方で教育格差は縮む。これからは機械と協業していこう。そんな趣旨だ。事例は多い。分厚いが冗長で、前著のupdate版という感じだ。
★2 - コメント(0) - 2月24日

N
エリック・ホッファーは船荷を降ろしながら社会哲学の研究を続けた。そのように大学や何かしらの機関に属さなかった日本の在野研究者16人の紹介と、「大学や制度の外でも研究はできる。そのような探究心を忘れないこと」というメッセージが伝わる。研究の道は大学院から教授への一直線の梯子だけではないのだ。今は情報発信するのに雑誌発行せずブログでできる。自分も研究も積極的に発信しよう。「夜這いの民俗学」を書いたの赤松も載っていた。彼もまた研究者なのだと思った。また、今では教科書にも載っている南方熊楠も在野研究者だった。
★4 - コメント(0) - 2月24日

N
人はスクリーンを注視しすぎだ。マルチタスクに追われ集中力もない。返信や通知を気にしてばかり。本当に大事なことが他に何かあるような気がするのに、やめられず、疲弊して一日を終える。人の声はいくらでも聞くのに自分の内なる声は聞かない人がいる。本書はプラトンやセネカなどの偉大な7人を引き出す。ネット社会との距離をとり、内省的に、思索的に本を読み、本来の人間らしい営みを取り戻すことを説く。マクルーハンについては不明瞭な記述。印象的だったのは、GoogleのCEOであるE.シュミットすら、電源を抜けと言っていること。
★4 - コメント(0) - 2月23日

N
マクドナルドを育てたレイ・クロックの自伝。52歳にしてハンバーガー屋を始めたレイが騙され借金を背負ったり、新人がマクドナルドを不動産業だと考えていて対立する話などがある。とてもエネルギッシュで、とてもよく働く。レイの周りもビジョンに向かって努力を惜しまない。レイが一人でマクドナルドを作ったわけではないとよくわかる。柳井と孫の対談も載っている。孫氏はアメリカ留学から帰ると、藤田田に会いたくて毎日秘書に電話し、ついには勝手に東京に会いに向かった。そこで藤田に会うと、コンピューターを勉強しろと言われたらしい。
★3 - コメント(0) - 2月23日

N
エッセイ集。本を読みまくり知識をつけて頭がよくなった気がする知識メタボがいる。知識偏重をやめて頭を使え。速読がうたわれ、一冊10分で読めるなどと言うが、そんな本はそもそも読む必要があるのか。しかし、遅読でも内容を理解できない。散歩のように、気ままに読みたいものを読むのがいい。to-dayとto-morrowの日付が異なるが太陰暦では一緒で、一日は昼前に終わるのでは、という考えはおもしろい。私も頭のスッキリした朝に日記をつけるからだ。この執筆時点91歳の筆者、聡明である。
★10 - コメント(0) - 2月22日

Nさんの感想・レビュー

最近のつぶやき

N
来月は60冊を目標。読書は冊数ではないが、数も大事。
★2 - コメント(0) - 2月22日 10時43分

N
いくら読んでも読みたい本が減らない。むしろ読めば読むほど読みたい本が増えている。
★12 - コメント(2) - 2月10日 12時55分

Nさんのつぶやき

著者グラフ

最近読んだ著者:三島由紀夫 藤沢数希 ヤスパース エリック・ブリニョルフソン(ErikBrynjolfsson),アンドリュー・マカフィー(AndrewMcAfee) 荒木優太 ウィリアム・パワーズ レイ・A.クロック,ロバートアンダーソン,野地秩嘉,孫正義,柳井正 外山滋比古 中島聡 加藤千洋
Nさんの著者グラフ
ログイン新規登録(無料)