N

Nさんの2月の読書メーター
記録初日
2004年07月01日
経過日数
4651日
読んだ本
607冊(1日平均0.12冊)
読んだページ
165956ページ(1日平均33ページ)
感想/レビュー
537件(投稿率88.5%)
本棚
1棚
性別
職業
IT関係
URL / ブログ
自己紹介
立ち読みと図書館。お気軽にお気に入りやメッセージ、コメントください。
読書メーターの読みたい本から安い本を探すウェブサイトを運営しています
http://bookscraper.xyz

since April 21, 2011 on book meter.

読書グラフ

最近の感想・レビュー(537件)

N
マネジメントはどこであっても有功である。これからはテクノロジストが大事。リーダーはイノベーションを育むこと。みんな自分を継続的に磨くこと。1999年の本とは思えないほと示唆に飛んでいる。
★3 - コメント(0) - 3月24日

N
三省堂国語辞典(三国)の編纂者が第七版の作業を綴った。おもしろい。人手で地道に作られていく。辞書の方針は、今の世で使われる言葉を小学生にもわかるよう説明する。新しい言葉を探しに、下北沢の商店街に出かけ「キャ別」の写真を撮り、non-noを1ページ目からめくり、「Cカーブ」や「素髪」と書かれたページの天を折っていく。辞書に載せるかは、6人しかいない編纂者の間で話し合われる。日常生活でも、語の新たな使われ方に驚く。「全然いいですよ」と聞けば「もちろんいいです」の意だと了解する。電子辞書やウィキも巻末で触れる。
★4 - コメント(1) - 3月24日

N
ピクサー創業者が、大学生だったころから、ルーカス・フィルムでの仕事、ジョブズによる買収、ディズニーへの売却までを綴った分厚く濃いビジネス書。読むのに三日間かかった。コンピュータ・アニメーションでよいものを作るという思い入れ、誰でも自由に発言でき、クリエイティブでいられるようにすることへの配慮が行き届いている。ディズニー映画が16年も不作が続いていたが、ピクサー買収の影響を受けてからラプンツェルやアナと雪の女王などの良作を届けだした。チームメンバーは変わってないのにだ。人も、組織文化も非常に大事だ。
★7 - コメント(0) - 3月24日

N
おもしろかった。キリスト教についての対談。イエスはほんとにいたの?ナザレ出身なの?何の罪だったの?ヨブ記ひどくね?福音書なんで違うんや?などなど、率直な会話がなされる。西洋文化を知るにはベースとなるキリスト教の理解が大事だ。教科書のような押し付けがましさがなくてよい。聖書読んでみようと思った。
★8 - コメント(0) - 3月24日

N
とても読みやすい良書。マクルーハンの本からトピックセンテンスを抜き出して解説する。彼の理論のわかりづらさや共感しづらい点も素直に指摘してくれるので、理解できなくても焦らなくて済む(たとえばテレビは触覚の拡張)。マクルーハン本の中ではとても優れているのではないか。メディアとは何か、また地球村とは何かまで本書でわかる。マクルーハンの書いた本は簡単でないものが多いので、本書はありがたい。大学受験生にもおすすめしたい。
★7 - コメント(0) - 3月23日

N
芸術価値と市場価値は一致しない。「芸術は神聖で、芸術家は無私で活動する」という神話を誰もが共有している。昔は芸芸術家の数は制限されていたが、二次大戦後に増大した。さらに、敗残者を救う政府の助成金まである。芸術家は供給過剰となっている。助成金は、作品製作のコストを上げてしまう。大多数の芸術家が貧乏である原因にもなっている。芸術は国策にもなり、その国の美術館に外国から人がやってくることもあるので、政府は贔屓な芸術を推進しようとする。助成金はやめた方がよい。また、ハイ・アートとロー・アートの差は縮みつつある。
★1 - コメント(0) - 3月23日

N
アメとムチでは人は動かないことがこの五十年間で明らかになっている。むしろ、報酬や罰はやる気を下げて成果物の品質を下げてしまう。大事なのは内発的な同機であり、仕事ではなく遊びのようにして取り組むことだ。適度な難易度の対象にフローになって取り組み、目標を設定して、熟達を楽しんでいく。モチベーション1.0は生存のための動機、2.0はアメとムチ、3.0は内発的な同機である。報酬の金額を上げれば上げるほど、同じ仕事でも熱心でなくなるというインドでの実験結果は意外であった。
★3 - コメント(0) - 3月23日

N
1975-88年に「天声人語」を担当していた人。「文は心」だという。人に伝わる書き方を学ぶつもりだったが、本書は小説の書き方に近い。毎日少しでもいいから書き続ける。ときには写経も大事であり、文の構成やリズムが身につく。福沢諭吉はオランダ語の写経をしていた。書くことは身の回りにたくさんある。伝える情熱をもち、言葉の説明を加えたり、「美しい」という言葉を修飾区に置き換えてみる。漢字が5割を超えると読みづらい。数日経って読み返す。文を書くというのは、その人の生き様や感性をうつすものなのだと感じた。
★7 - コメント(0) - 3月22日

Nさんの感想・レビュー

最近のつぶやき

N
シェイクスピアに馴染んだ。オセロー、マクベス、テンペストなどを読みたい。最近手に取る本は内容が濃く、また日に日に読むのも遅くなってきたので、以前は一冊30minで読めていたのが、今は1hほどかかる。
★1 - コメント(0) - 3月16日 14時47分

N
2017年2月の読書メーター 読んだ本の数:64冊 読んだページ数:16929ページ ナイス数:297ナイス ★先月に読んだ本一覧はこちら→ リンク 今月は100冊が目標。
★2 - コメント(0) - 3月2日 13時59分

Nさんのつぶやき

著者グラフ

最近読んだ著者:P.F.ドラッカー 飯間浩明 エド・キャットムル著,エイミー・ワラス著 橋爪大三郎,大澤真幸 宮澤淳一 ハンスアビング ダニエル・ピンク 辰濃和男 田村俶,雲和子,ミシェル・フーコー,MichelFoucault マーシャルマクルーハン,エドマンドカーペンター
Nさんの著者グラフ
ログイン新規登録(無料)