代理

代理さんの12月の読書メーター
記録初日
2007年05月23日
経過日数
3530日
読んだ本
536冊(1日平均0.15冊)
読んだページ
147720ページ(1日平均40ページ)
感想/レビュー
486件(投稿率90.7%)
本棚
7棚
性別

読書グラフ

最近の感想・レビュー(486件)

全部つまらなかった。説明と言い訳だけで出来た本。情景描写が下手というよりダサい。無理して小説書かないほうが良いと思う。粘土で出来た料理を口に突っ込まれた気持ち。本当につまらなかった。
- コメント(0) - 1月15日

長谷川さんの絵柄もだんだんと丸くなってきてかわいい。『何度でも聞くよ?』と言えるド嬢が最高にかわいい。
★7 - コメント(0) - 1月9日

すごい面白かった。コードとコンテキストとの緊張関係はためになった。批評に興味がある人はぜひ読んで欲しい。すごい勢いで思考の幅が広がる。
★1 - コメント(0) - 1月9日

『想像したことが実現するのではない。想像していたからこそ、実現したことがわかるのである』
★1 - コメント(0) - 1月4日

「意識した配慮」とはいえ、繰り返しが多すぎて萎える。著者が提示する「誤読」が面白かっただけに残念。19世紀以後の赤ずきんの再話はどれもつまらない。
- コメント(0) - 2016年12月23日

主題だけ抜き出すと笑えないからカッパとか猿で味付けされた昔話から、もう一度容赦なく主題をむき出しにさせる。『猿聟への殺意』が特におもしろかった。他の昔話や都市伝説の『主題』を考える上ですごく参考になる本。
- コメント(0) - 2016年12月11日

ためらいなく頭を狙うのが怖い。人違いで鉄パイプで殺されたり廃人化された時代。ただ著者は公安当局を過大評価しすぎではないかとも思う。
- コメント(0) - 2016年12月3日

凄惨な殺し合いの本。読みにくいのは文章のせいだけではない。お互いがお互いの倫理のブレーキを外す悪夢の循環。『人間の発明した概念の中で、正義という概念ほど恐ろしいものは無い』
- コメント(0) - 2016年11月27日

代理さんの感想・レビュー

著者グラフ

最近読んだ著者:石川淳 施川ユウキ 池上嘉彦 内田樹 岡光一浩 小松和彦 立花隆 久保陽一 幸田露伴 土井全二郎
代理さんの著者グラフ
ログイン新規登録(無料)