るね

るねさんの2月の読書メーター
記録初日
2010年07月09日
経過日数
2453日
読んだ本
333冊(1日平均0.11冊)
読んだページ
112825ページ(1日平均38ページ)
感想/レビュー
287件(投稿率86.2%)
本棚
28棚
性別
血液型
O型
職業
その他
自己紹介
読んだ本を記録しています。

好きなジャンルはミステリ、ホラー、SFです。

ショートショートや奇妙な味も好きですがあまり読んでないです。

ツイッターやブログでは主に音楽のことしか扱ってないので、ここが読書記録の場としての本拠地と・・・なるのか?

読書グラフ

最近の感想・レビュー(287件)

扉絵がいちいちエロい。サヤ師がかわいい
★7 - コメント(0) - 2016年1月9日

キスがしたくなる物語だった。うげらぽん。
- コメント(0) - 2015年9月19日

連作短編+二つの事象の交差によって現れる企み。しかし交差することがメインではなく、その後の予想もつかない展開、そして短篇ごとに鮮やかな解決(魅力的な"捨て推理"も含め)が付く。上質なミステリフルコースです。
★4 - コメント(0) - 2015年8月14日

数年に一度、隕石が落ちる島――そんな魅力的な舞台で起こる殺人劇を描いた本作。シンプルな謎をある違和感から真相に導いていく手際には推理によるカタルシスはないものの爽やかな作風により悪くないストーリーテリングと読後感を感じさせてくれる。隕石を宇宙からの来訪者と位置づけ広大な宇宙の彼方に思いを馳せる登場人物の心情に、作中のミステリ要素も忘れて思わず「この世界観好きだなぁ」と思いました。舞台装置のわりに謎が小粒というきらいはあるけれど、かなり読みやすくラストの場面も爽やかで良い。
★14 - コメント(0) - 2015年8月9日

ええっ!?となること請け合い。このままだと消化不良なので『続813』も手に入れないと。
★6 - コメント(0) - 2015年8月6日

なにがどうなっていたのかを最後の最後で絵をもって説明するのはお家芸のようでもあるが、その中でも「瞳の中の殺人者」は秀逸。「×××殺人事件」は外出先で読んではいけません。
★1 - コメント(0) - 2015年7月31日

完全にホラーでしょこれは。 "永遠の命"を持つ女学生が殺されるという矛盾だらけの事象に振り回される生物教師・伊藤。生物の分野を扱うがゆえにその"永遠の命"について様々な考察が為されていくが、そんなに重いものではなくライト調にさくさく読める。だが結末へ向かうにつれ、歪さを孕んだ空気感に徐々に侵されていく……これは野﨑まど作品を読んだことがある人ならわかる感覚だと思う。ラストの何気ない場面により"なにが起こっていたのか"がわかるのは非常に作者らしさが出てて好きでした。今回もしてやられた~
★10 - コメント(0) - 2015年7月28日

美袋にはこれからも強く生きてほしいと思います。
★1 - コメント(0) - 2015年7月24日

るねさんの感想・レビュー

著者グラフ

最近読んだ著者:涼川りん F.W.クロフツ 芦沢央 鮎川哲也 巴亮介 九井諒子 早坂吝 青崎有吾 エラリー・クイーン 泡坂妻夫
るねさんの著者グラフ
ログイン新規登録(無料)