Humbaba

Humbabaさんの2月の読書メーター
記録初日
2006年05月18日
経過日数
3965日
読んだ本
15878冊(1日平均4冊)
読んだページ
3841736ページ(1日平均968ページ)
感想/レビュー
11156件(投稿率70.3%)
本棚
1695棚

読書グラフ

最近の感想・レビュー(11156件)

本気で問題に取り組んでいるからこそ、新しい刺激を意味のあるものへと解釈できる。一見関係のない2つのものを関連付けるためには、そのことについて真剣に考えている必要がある。そのような素地があるからこそ、偶然与えられた刺激によってこれまでになかったものを作り出せる。
★9 - コメント(0) - 3月13日

ルールの枠内で最大限有利になるように動く。それは確かに重要な能力ではあるが、そもそもルールを策定する側に比べれば得られるものは少なくなる。ルールを作る側に回るためには多くの投資が必要になるしリスクも大きいが、そちらに回らないというのもまた大きなリスクを背負うことになる。
★6 - コメント(0) - 3月13日

問題は解決されなければいけない。その場に自分と相手の二人しかおらず。その能力を持っているのが自分だけであればたとえ相手に問題があっても自分で解決まで持っていかなければいけない。理不尽なことではあるが、それを嘆いていても問題が消え去るわけではない以上能力の高いものが泥を被る以外に道はない。
★13 - コメント(0) - 3月13日

当たり前のことを当たり前にこなす。そして、こなしながらそのレベルを上げていく。そうして続けていても劇的に問題は解決しないだろうし、評価もすぐにはしてもらえない。しかし、そのことは決して無駄ではなく続けていくうちに大きな力となってくれるだろう。
★7 - コメント(0) - 3月12日

自分の力によって問題を解決できる。その体験こそが次の問題に取り組むための活力源となる。長い間そのようなサイクルが回らない状況が続けば、もはや無気力感に包まれてしまうのは避けられない。状況を解決するためには場当たり的に支持をするのを辞めて、集中すべきポイントを明確にするしかない。
★21 - コメント(0) - 3月12日

一度手にれたものは、維持されるのが当然であると考える。しかし、実際にはそれを提供してくれる相手がいるのであり、決して必ずもらえることが保証されているものというわけではない。他者から見れば当然と思われるようなことであっても、自分が当事者となるとなかなか見えてこない事もある。
★9 - コメント(0) - 3月12日

あれもこれもやろうと考えても、全てがうまくいくわけではない。また、様々なところに首を突っ込めばその分一箇所に注がれるエネルギーは少なくなる。大きなことをなそうと思ったら、それ以外の全てを一度諦めてでもやり通す必要がある。才能があればそこまでしなくてもよいのかも知れないが、凡人にはそれこそがうまくいくための秘訣となる。
★8 - コメント(0) - 3月12日

常識は時間と空間を区切れば誰にでも通用する。しかし、それは同じ時代でも違う場所では通用しない事もあるということでもある。いくらそれはおかしいと憤っても、状況が好転するわけではない。問題を認識した上で上手に回すことが求められるが、その努力は違う場所にいる人にはなかなか理解してもらえない。
★6 - コメント(0) - 3月11日

Humbabaさんの感想・レビュー

著者グラフ

最近読んだ著者:宮永博史 岡嶋裕史 有川浩 浦野啓子 田村潤 中嶋聡 本田直之 下川裕治 国司義彦 安斎育郎
Humbabaさんの著者グラフ
ログイン新規登録(無料)