桜草

桜草さんの1月の読書メーター
記録初日
2011年06月17日
経過日数
2077日
読んだ本
423冊(1日平均0.2冊)
読んだページ
147711ページ(1日平均71ページ)
感想/レビュー
227件(投稿率53.7%)
本棚
29棚

読書グラフ

最近の感想・レビュー(227件)

アルゼンチンのミステリー。雰囲気を掴みたくてブエノスアイレスの街をストリートビューで見ながら読みました。長くて省いてもいいのではという淡々とした描写が所々続きますが、逆にそれが魅力にもなっている不思議な作品でした。初めの話しと主人公の話しとがどう繋がるのかとか一体この話しはどうなるんだろうという先の見えない面白さがあって、分かってからも満足できる面白さでした。シリーズ化されるようなので次作も読みたいです。
★20 - コメント(0) - 2月18日

ブックカバーとしおりは欠かせないアイテム。この本に載っているブックカバーはどれもとても魅力的。紙のブックカバーでは紀伊国屋と月と六ペンスと大垣書店のカバーがシンプルで好きです。文庫本カバーとして今使っていて気に入っているのは革のカバー。持った手触りが良くて温もりがあります。欲しいのはちょっと大きめな単行本カバー。本に関わっている人達がこだわりのブックカバーを紹介したこの本はその人の個性が感じられ見るだけでも幸せな気分になり文章も面白くて良かったです。図書館で借りましたが買って手元に置きたくなりました。
★16 - コメント(0) - 2月17日

「武士道エイティーン」を読んでから5年がたってしまっていましたがシリーズの鮮烈な印象は残っていてすんなり話しに入り込めました。こちらの読メサイトで続編が出ていた事を知りさっそく読みました。思い入れがある分不安でしたがとても面白く、香織や早苗がそのまま成長して行く姿を見て嬉しくなりました。これで完結です。清々しく、背筋を伸ばしてきちんと生きようと思わせてくれる作品でした。完結編を読めて良かったです。
★25 - コメント(0) - 2月14日

「夏を殺す少女」が面白かったのでこちらも読みました。冒頭から衝撃的な事件で怖いのに展開が気になり引き込まれました。ミュンヘン市刑事警察機動捜査課の若い女性捜査官ザビーネとドイツ連邦刑事事件分析官スナイデルを中心にミュンヘン、ウイーンに跨る童謡殺人を捜査して行く。この作品で面白いのは何と言っても主人公のスナイデルの個性が強烈な所。読み終わってから話しの全体像が掴めました。もっと二転三転するのかなと思ったのですが怖くて残酷な事件の割にはあっさり終わった印象です。シリーズ化されるようなので楽しみです。
★17 - コメント(0) - 2月13日

フィリップ・ロス初読み。1998年クリントンのスキャンダルが沸き起こり、正しさを求める風潮がアメリカを覆っている時代背景の中、精力的でやり手の老教授コールマンが意図せず何気なく言った一言により人種差別主義者として非難され大学を追われる所から物語がはじまります。コールマンを取り巻く人達を通してアメリカの抱える様々なしみが描かれています。読み終わって色々考えさせられました。素晴らしい本でした。
★11 - コメント(0) - 2月10日

映画が素晴らしかったので原作を読みました。9.11アメリカ同時多発テロで突然父親を喪った9歳の少年オスカーの話を軸にドイツドレスデンでの空爆で愛する人達を喪った移民一世の祖父母の物語を絡め、広島の原爆の語も交え、深刻な話ですがユーモアの交じったでもキリキリと痛むような語り口。斬新な手法に混乱しながらも引き込まれました。映画ではオスカー中心に描かれていましたが本では祖父母の喪失による苦しみと前に進む事にたいする葛藤が描かれていて読み終わってからも頭の中で消化しきれなくてずっと心の中に残っています。
★17 - コメント(0) - 2月7日

読み始めて暫くたっても森尾ちゃんの話がずっと続いていて悦ちゃんはいつ出て来るのかなと目次を読み直してアラモードって悦子を取り巻く人達のスピンオフの話だったと気が付きました。それぞれの人達の事が描かれていて興味深く読みました。一番気に入ったのは米岡の話。親の期待に応えてそのレールに乗って来た兄とレールから外れて生きる米岡。米岡の家族が暖かくてジーンとしました。巻末の漫画も面白かったです。次は校閲ガールトルネードを読まなければ。楽しみです。
★21 - コメント(0) - 2月1日

「芸術は、飾りではない。敵にたちむかうための武器なのだ」ピカソのゲルニカ制作にまつわる話と現代の911以降のMoMAのキューレータ瑤子のゲルニカを反戦のシンボルとして展覧会に出品しようとする話が交互に描かれ芸術の持つ力を示そうとした力作です。ピカソのゲルニカ制作の写真を撮った愛人のドラマールの生涯に興味を持ちネットで色々検索しながら読みました。(その後精神を病み最後は修道女になったようです。)この作品はとても読み応えがあり面白かったです。一度マハさんのピカソを題材にしたノンフィクションを読んで見たいなぁ。
★42 - コメント(0) - 1月28日

桜草さんの感想・レビュー

最近のつぶやき

2017年1月の読書メーター 読んだ本の数:7冊 読んだページ数:2748ページ ナイス数:275ナイス ★1月に読んだ本一覧はこちら→ リンク
★11 - コメント(0) - 2月1日 18時20分

著者グラフ

最近読んだ著者:グスタボマラホビッチ 誉田哲也 アンドレアス・グルーバー フィリップロス ジョナサン・サフラン・フォア 宮木あや子 原田マハ アガサ・クリスティ 江上剛 パスカルメルシエ
桜草さんの著者グラフ
ログイン新規登録(無料)