ナガネ

ナガネさんの2月の読書メーター
記録初日
2011年07月20日
経過日数
2075日
読んだ本
1928冊(1日平均0.93冊)
読んだページ
462862ページ(1日平均223ページ)
感想/レビュー
19件(投稿率1%)
本棚
5棚
性別
外部サイト

読書グラフ

最近の感想・レビュー(19件)

さいこうのやつ。
★1 - コメント(0) - 2016年11月24日

こういう激甘おねショタ案件こそ美少女文庫から挿絵付きで出て欲しいなあと。
- コメント(0) - 2016年10月11日

濡れ場は女性1人竿複数のシーンの方が多かったり主人公は読者の視点としての役割は無くて竿の1本だったりしつつも、決してハードでなく心理的・肉体的にいびる描写は皆無という、いまほど方向が定まっていない頃の二次ドリ文庫にしかない匙加減のもので、こういう路線の作品ももうちょっと出して欲しかったなあと思いました。
★1 - コメント(0) - 2016年7月16日

ヤンデレと言えば刃物や鈍器や流血や怒声に監禁なのでしょうが、ジュブナイルポルノにたまに出てくるこういうちょっとだけ独占欲が強くてちょっとだけ性欲が強い女の子、私は大好きですね。
★2 - コメント(0) - 2016年6月5日

伊東ライフの人のようなネタでありながらも、ページをめくっていくにつれ「あれ、なんか似たようなネタあったっけか」 とつまらない思考を忘却の彼方に押しやり、脳と下半身がこの人のまんが読んでいるという多幸感一色に染まる強烈な一冊。 つまりは甘々で、やり過ぎない程度を心地いい塩梅で突き抜けてくる下品さで、容赦なくエロいアングル(と忘れてはいけない断面図) のオンパレードで最高ってことですよ。
- コメント(0) - 2015年4月19日

いささか変則的な主人公のキャラ立てと恋愛に至るまでの流れがあとみっく文庫っぽいなあとかそういう捉え方もできるんですが、ヒロインのきらきらした表情と後半のどとうのハートマークが圧倒的に正義で素晴らしかったです。
★3 - コメント(0) - 2015年3月11日

おんなのこの快楽落ちが早めで、(この手のお話にしてはの話ですが) 悲惨テイストが影を落としていないからか、えろえろさが他のノベルスの2倍にも3倍にも感じられてとても身体に良くない作品です。個人的にベストダブルピーシスト賞を与えたい。
★2 - コメント(0) - 2015年2月5日

いちごにコンデンスミルクのチューブぜんぶぶっかけたみたい。
★2 - コメント(0) - 2015年1月2日

ナガネさんの感想・レビュー

著者グラフ

最近読んだ著者:鷹羽真 斐芝嘉和 遠野渚 青橋由高 柴七世 ながのろ マニアックラブ研究会 ハル 089タロー 井の中の井守
ナガネさんの著者グラフ
ログイン新規登録(無料)