コウヤ

コウヤさんの1月の読書メーター
記録初日
2011年07月27日
経過日数
2039日
読んだ本
66冊(1日平均0.02冊)
読んだページ
16181ページ(1日平均5ページ)
感想/レビュー
38件(投稿率57.6%)
本棚
8棚
性別
年齢
33歳
職業
技術系
URL / ブログ
外部サイト
自己紹介
機械設計士。
日々図面と睨めっこ。だがそれがまた楽しくもあり、地獄でもある。
歴史系とデザイン系、それからSFに目がない。

読書グラフ

最近の感想・レビュー(38件)

鳥のような、まるっこいアヤカシが可愛かった。シンプルだけど、彼(彼女?)の考え方は可愛くて理にかなっていると思った。中級たちの、仕方ないから…という建前に隠しきれない「構いたくて仕方ない」という本音が、孫に構いたがる祖父と言う感じがして和んだ。
★21 - コメント(0) - 2012年7月5日

信じたい。だけど裏切られた分だけ信じることはできない。ためらっているくらいなら、飛び込めばいい。失敗したら次また飛び込めばいい。そう切り替えるのに、10年かかった。障害者同士で障害の軽い重いを言い合うことはよくあって、そこに親が絡んでくると手のつけようがなくて。有り難いけど親の愛が重い。っていう表現は長らく心の下の方にあった黒いものによくにていて、読む手が止まった。現実は全部が全部ハッピーエンドじゃないけど、一緒にいることが出来る時間が続く事を祈った。
★21 - コメント(0) - 2012年7月1日

帯に惹かれて購入。えっこれ、BLですか…?!と一瞬止まるも読み始めたら止まらないのは流石。最強ではなくても、それぞれに大事に思う気持ちがあり、戸惑いや切なさ、そしてやりきれなさ、大事だからこそ怒りを感じたり。そんなメンドクサイモノを抱えながらも、今日も明日も明後日も、誰かを大切に思わずにはいられないんだろうなと思った。もう分かったよ、白状するよ。誰か私の恋人にならないか?!(違っ)
★21 - コメント(0) - 2012年6月25日

ローレンよ、お前もか…!!平賀がしょげているじゃないか…!と、最後の最後でアワアワさせていただきました。ジュリアさんのロベルトさんいじりに年季が入りかけておりまして…可哀そう…だが、それも美味しい(^u^)とか思う私は歪んでますでしょうか…。そして、フリーメイソンキター\(^o^)/とりあえず叫ばせていただきありがとうございました。次巻も楽しみです。
★12 - コメント(0) - 2012年6月2日

ロベルトが主役の第2巻。追い詰められながらも調査を続行するロベルトさんがかっこよかった。平賀との関係性も強くなったように感じたし、寂しがっている平賀も可愛かった…じゃなくて、ちょっと切なかったかな。これからどんどん黒幕との対決が深まるのかな、と思うと楽しみ(*´ω`*)
★8 - コメント(0) - 2012年5月1日

平賀の純真さが可愛いような怖いような。どことなく「天使と悪魔」とか「ダヴィンチコード」的な殺人事件を思い出しました。でもこちらの方が読みやすい、かな(ボリューム的に)2巻ではロベルトさんが出張るようなので、期待。ホラーと言うよりも推理小説。その内フリーメイソンが出張ってくるのでは…とか、やりすぎ都市伝説の見すぎですみません(笑)。
★6 - コメント(0) - 2012年4月3日

刑部さんがBSRに変換されていたので慌てふためくところでちょと笑ってしまった。姫様が一番男前のような気がした(笑)。姫様には、姫様の好きな人と幸せになってほしかった。それから最後までのぼう様がすごい人なのかそうでないのか難しいところ(笑)。でもどっちでもいいや!という気分になる。
★4 - コメント(0) - 2012年3月21日

上下読み終わりました。全然偉い人オーラが漂わない偉い人。上巻の印象ではのぼう様は素直な人だ。こういう人がいたら、仕方ないなぁ…と言う気持ちになりそう。読んでいる最中、三国志の劉禅様をふと思い出した。
★8 - コメント(0) - 2012年3月20日

コウヤさんの感想・レビュー
ログイン新規登録(無料)