なつ

なつさんの1月の読書メーター
記録初日
2010年04月27日
経過日数
2491日
読んだ本
693冊(1日平均0.16冊)
読んだページ
263857ページ(1日平均65ページ)
感想/レビュー
301件(投稿率43.4%)
本棚
9棚
自己紹介
サイコ系のホラー、ミステリー、サスペンスなどを好んでよく読みます。

その土地の風景や匂いが伝わってくるようなもの、心理描写が細やかなものも
大好きです。

本は娯楽。何かを学ぼうとはあまり
思っていないので、とにかく好きなジャンルしか読みません(笑)

クリスティー名義は読破しています。

最近の作家さんではジャック・カーリィ、チェルシー・ケイン、SJボルトン、
シェーヴィー・スティーヴンス、
ギリアン・フリン、フランク・ティリエ
などなどシリーズ買いの作家さんが多いです。

ほとんどの本が文庫で購入ですが
日本人作家のものは一部、電子書籍を利用しています。

絵本も好きで気に入った物を少しづつ
集めてます。

*好きな日本ミステリー
人狼城の恐怖

*好きな海外ミステリー
タルタロスの審問官

*好きなファンタジー
指輪物語

海外ドラマも大好きで(特に犯罪、ホラーもの)
CSIシリーズやLaw&Orderシリーズ
Dexter、The Walking Dead
書きだせばきりが無いです(笑)

読書傾向が偏っているため共読が多い方、
海外ドラマ好きな方(笑)を
お気に入り登録させて頂いております。

読書グラフ

最近の感想・レビュー(301件)

シリーズ三作目。精神的ショックから立ち直れずに休職中のジョーナス、青年になり恋人も出来たスティーブンは村で起こった子供ばかりを狙う連続誘拐事件に巻き込まれる。全作通して子供や子供の頃のトラウマを抱えた大人たちが中心の話なので読んでいてやっぱり切ないです。今回は終盤で号泣してしまいました。ラストも個人的にはこれで良かったのかな、思えました。それぞれの心の葛藤や人との軋轢、風景描写など丁寧に描かれていてのめり込むように読めました。とても良かったです。
★26 - コメント(0) - 2月10日

シリーズ二作目。前作のゆっくりとした感じとは全然違い、殺人が次々と起こるシップコット村。けれど主人公の村の警官が有能なのか無能なのかわからないせいか、はたまた州都からやってきた意地悪で憎たらしい警部のキャラクターのお陰か、ドタバタとどこか間の抜けたような雰囲気の中で物語は進みます。が!前半からは想像もつかない結末でした。それでもやっぱりどこか切なさの残る作品。面白かったです。でも心配なのが前作主人公のスティーブン!続編『ハンティング』へ。
★19 - コメント(0) - 1月29日

物語はゆっくりゆっくり進み多少の焦ったさは感じるけれど、逆にそこが良かったような気がします。少年だった叔父が殺害され、そこで時間が止まってしまったような家族。家族のため、延いては自分のため1人で叔父の遺体を探し、犯人と手紙のやり取りで手がかりを掴もうとする12歳のスティーブン。スティーブンの置かれた環境や気持ち、壊れてしまった家族の姿が物語がゆっくり進行するあいだにじわじわと浸透してきて切ない。それでも読み終わった後に温かい気持ちになる1冊でした。
★23 - コメント(4) - 1月15日

面白かった!年末年始で詰めて読めなかったのが物凄く残念。一匹狼的な主人公の刑事に少々イラっとするのと、登場人物にあまり魅力的な人がいないのが難点だと個人的には思うけど、この手の本ではここ最近で1番面白かったと思う。続編も是非読みたいです。
★41 - コメント(5) - 1月7日

評判通りの面白さでした。事件はどんどん大きくなって「うーん、コレはダメなパターンかも」と思い読み進めましたが、意外にこじんまりとしてて大好きな着地点でした。上巻では魅力的に感じられなかったダンテとコロンバもまずまず。敵対していたサンティーニも最後は一緒に大活躍!こういうの、すごい好き(笑)そして今回知ることができなかったダンテの謎。続編も絶対に読みたい!
★44 - コメント(4) - 2016年12月14日

面白いです。個人的には主人公の二人組もそんなに魅力は感じられないし、すごく展開が早い訳でもないけれど話の進め方に強弱があって、先へ先へと読まされちゃう。下巻へ!
★39 - コメント(2) - 2016年11月25日

うーん、面白かった!久々に本格派が読みたい、と思っていたところ読友さんの感想で迷わずチョイス。舞台設定こそちょっと変わっているけれど、単純明快な人物像や会話、描写だけでこんなに面白くなるんだ、と改めて思った。本当に久しぶりに『ミステリー』の良さを味わった1冊となりました。
★37 - コメント(0) - 2016年11月13日

三部作の完結編。痛々しい描写は相変わらずだけど、前二作に比べると二転三転もなく、なんとなく犯人の想像もついちゃうし衝撃度は低い。不幸な男カミーユの完結編らしく、ただただカミーユがボロボロになってゆく姿を描いて終わらせたかったのかなぁ、とか考えちゃうような内容でした。
★66 - コメント(0) - 2016年10月29日

なつさんの感想・レビュー

最近のつぶやき

おはようございます。年末年始にかけての胃痛が治るか治らないかと言う時にまさかのギックリ腰になってしまい踏んだり蹴ったりな1月でした。今月は無事で元気に過ごしたい(願)おマメのまとめ。は庭の大改造に乗り出したお父さんのお手伝い。意外に役立ってます(笑)今月もよろしくお願いします♪2017年1月の読書メーター 読んだ本の数:3冊 読んだページ数:1609ページ ナイス数:292ナイス ★1月に読んだ本一覧はこちら→ リンク
★37 - コメント(18) - 2月1日 6時59分

著者グラフ

最近読んだ著者:サラ・ウォーターズ ベリンダバウアー ステファンアーンヘム サンドローネダツィエーリ,SandroneDazieri ヘレン・マクロイ ピエール・ルメートル ジョンバーレー ジョン・コラピント ジリアン・ホフマン カーステン・ストラウド
なつさんの著者グラフ
ログイン新規登録(無料)