mura_文の勉強中

mura_文の勉強中さんの1月の読書メーター
記録初日
2011年09月03日
経過日数
2005日
読んだ本
1044冊(1日平均0.5冊)
読んだページ
251201ページ(1日平均122ページ)
感想/レビュー
936件(投稿率89.7%)
本棚
14棚
性別
年齢
48歳
血液型
A型
職業
技術系
現住所
東京都
外部サイト
自己紹介
次世代に残すもの、戦争のない世の中、山登り、自然、生かされているということ、感謝、ありがとう、人生常に勉強、平屋戸建、非一極集中、各駅停車、子供は社会全体で育てる。

建築関係の仕事をしています。一級建築士です。

国語はずっと苦手でした。(苦笑)

本を読むと人の言っていることが、深くわかるようになったり、ニュートラルな気持ちになります。お客さんと会う前に気持ちをニュートラルにして臨む。

作家の方から色々な刺激を受ける。読後、自分が違う人となっている。そんな本に出会いたい。人に対してもそうですが、ポジティブに読むということを心がけています。

図書館の機能は未知数。本を借りる・読む・学習をするだけでなく、もっと生活の拠点になる可能性を秘めていると思います。

幼少期。親戚会で会う度に、いとこのお姉さんに書店で本を買ってもらった。本にはそんな良い思い出が残っています。

子供には成人するまで本を買ってあげたい。

今、本当に読書にはまっています。仕事が忙しいので、読み進むのは遅いけれど、今も、将来も、すばらしい本に出会えることを楽しみにしています。

皆さんの本の感想を頼りに、本を読み続けると思います。

よろしくお願いします。

PS.ナイスは大歓迎です。とてもエネルギーをいただいています。もしナイスがご迷惑の方がいらしたらおっしゃってください。

※2013年12月から会社が変わりました。お声を掛けていただいたご縁です。今後、様々な目標を立てて進みたいと考えています。

2013年12月1日更新


※2016年8月から会社が変わります。お声を掛けていただいたご縁です。会社の選定にあたっては、自分の能力で社会に大きく貢献できること・年齢関係なく長く働けること・業務時間がコントロールできることを意識しました。今後、様々な目標を立てて進みたいと考えています。

長い紹介文を読んでくださってありがとうございます。

2016年7月31日更新

読書グラフ

最近の感想・レビュー(936件)

購入決定。この本を読んでいて、自分が何を感じたいか心に問いかければ、あったかい心を感じて泣いてしまいたいんではないかと思った。ここに出てくる人たちは色々なものを背負ってる。それがわかるだけで充分。みんな一緒なんだって安心できる。お弁当を前の日にこしらえるのは明日のため、お弁当をいただくのはその日の明日のため。すぐの未来のため。毎日だけど最高の贈り物。自分でつくる人はすぐの将来の自分に。
★53 - コメント(5) - 2月26日

日本漁業は衰退の一途を辿っている。その原因と必要な戦略は?日本漁業の歴史や海外の事情など踏まえ、本書で提言を行う。「こんなにまで問題を抱えているのか」が第一の実感。仕組みが時代とともに変わっているのに変わらないルール。政策は消費者ではなく生産者のために作られてしまっている。「世界6位のEEZ(排他的経済水域)の広さ」「世界でも類を見ない好漁場の存在」「魚の価値を最大限に引き出す魚食文化」を活かし、再興を願う。
★64 - コメント(3) - 2月26日

冒頭から二人の夫婦の動物学者が死を迎える。犯人探しはこの本ではほとんど触れられていない。30年前の出会い、事件当日が前後バラバラで記され繋がりを難しくさせる。想像を超えるさまざまな描写表現の数々、私にとって新しかった。いつまでも発見されない遺体。自然の中で腐敗する身体を読む度に、早期の発見を望んでいる自分がいる。そして、自分のこと。いつかは死ぬ。どのように死を迎るのか。死と誕生の間を思い切り生き、広く生き、高く生きること。セリースのふくらはぎにジョゼフが触れている事がとても大切なことに感じた。
★57 - コメント(0) - 2月26日

自分で作った、作ってもらったお昼のお弁当、持ち主に取材する。ホワイトカラーの人は少ない。著者(阿部夫妻)が色々な方の記事を見て弁当を見せてもらう人を選んでいる。全39名。「翼の王国(ANAの機関紙)」に連載している(していた?)ようです。お弁当のスタイルとか具の中身が主題ではない。お弁当含めて、その方の原風景や近況まで味わえる本。写真の撮り方も好みです。お弁当に多くの「幸せのカタチ」を見ました。釣れない釣り堀の秋元さん、奥様の悲報に涙。
★82 - コメント(6) - 2月22日

新しい発見が多くある号。今、正にトランプが出てきて世界が渦巻き、良いと悪い意味の両面あると思う。方向性はいずれ見出され、感覚を磨いていればその微細の変化に気づくはず。注目は「サスティナビリティ」と「5時退社」の記事。前者はトランプに動じないグローバル企業のビジョン。後者は出産・子育てのある女性の肩身が狭くならないよう、皆で5時に退社する会社の紹介。社長は私と同い年。残業が毎日あるのは無理が従業員に集中しすぎているか、働いている人が気を緩めているか。外(世界)から見るとそう思われてしまう時代が既に来ている。
★64 - コメント(1) - 2月14日

『宇宙商売』。すごい時代だ。毎日、地球全土の画像の更新の実現。30cmまでの画像の鮮明化。人までも見えてしまう。「テクノスコープ」は、センサーを持つ分電盤、各家庭の電気の使用料などの情報提供。個人情報はどうなっているのか?新春対談は作家の安倍龍太郎さん、元大臣の竹中平蔵さんと。
★57 - コメント(0) - 2月14日

読友さんから教えていただいた本。人々が一つの目標を目指しまとまっていく様がとても心地よい。江戸期、堰をこしらえ田に水を引く大工事(堰長さ約65間(120m))。庄屋の役割、村人を振るい立たせる。逆嘆願をした庄屋14名を代表して詫びを入れにきた、糸丸村の三田藤兵衛。60年前の本物の採種畑、真黄色の期待。未来を語ること、作ること。自分を信じ、人を信じること。事業の評価は次世代以降の人々が下すという考え。水神様自身が身命を賭して、堰となり事業・五庄屋を守った。犬の権、牛のつちも頑張った。第29回新田次郎文学賞。
★73 - コメント(1) - 2月12日

読友さんレビューにて興味を持った。ざっと読み。内容がとても平易で理解進む。【構成】前半には、何をどのように書くか。後半は文章のテクニカルな内容。個人的には後半を中心に読んだ。【テクニカル】わかりやすい表現。熟語動詞を少なく、接続詞の表現はひらがな、黒っぽい文章を避ける。夜に生み出される文章は、ネガティブなものが多いため、時間を置く。私の場合は、熱量を持って一気に書いて、読み返し、その場で発信することが良いかなあ。その理由は、性格上、冷静で客観的、橋が壊れるまで叩くことが多いため、文章が冷たすぎるかと。
★73 - コメント(0) - 2月11日

mura_文の勉強中さんの感想・レビュー

最近のつぶやき

子供の公開授業。教室に張り出されているものに目が留まる。昔、電車の車掌さんだとか、プロ野球選手なんてあったけど、とても現実的!?しかし、学校への親の参加が少ない。私は皆勤賞に近いかも。子供サッカーコーチを5年間した。親が見に来ていると、子供たち良いいプレーするんですよね。
★54 - コメント(3) - 2月24日 1時01分

月イチの銀座。ホテルオークラ。
★54 - コメント(2) - 2月23日 21時04分

mura_文の勉強中さんのつぶやき

著者グラフ

最近読んだ著者:阿部了,阿部直美 勝川俊雄 ジムクレイス 阿部了(写真),阿部直美(文) 日経BP社 帚木蓬生 山口拓朗 松村卓 浅田次郎 日経BP社
mura_文の勉強中さんの著者グラフ
ログイン新規登録(無料)