はさんの2月の読書メーター
記録初日
2011年09月17日
経過日数
2018日
読んだ本
93冊(1日平均0.05冊)
読んだページ
22128ページ(1日平均10ページ)
感想/レビュー
12件(投稿率12.9%)
本棚
0棚
性別
自己紹介
主に小説。心理や哲学にも興味あります。あれこれ考えることが好き。

読書グラフ

最近の感想・レビュー(12件)

くだらなくて面白い。文才が豊かで羨ましい。
★10 - コメント(0) - 3月15日

この世の真理なんて誰にもわからないと思うから何を信じるかは自由なのよね。私たちも何かを信じてるけどたまたま清水富美加ちゃんは神様とか目に見えないものを信じただけで何もおかしいことではないのかなぁって思いました。
★7 - コメント(0) - 3月2日

宝物のような本にであってしまった。一番好きかもしれない。
★8 - コメント(0) - 1月19日

再読。久々のこの自分を超えてふわふわと宇宙までいくような不思議で心地よい感覚。日々変化する外側を感じることも大切なのかもしれないけど、考えるべきなのは自分の内側や物事の本質なのかもと改めて実感しました。
★6 - コメント(0) - 2016年12月9日

中村航さん2冊目。3編ある中で「あなたがここにいて欲しい」が一番お気に入り。日常の中にある普段なら気にもとめずに通り過ぎてしまうような、でも誰しもが少なからず感じたことのあるであろう心情が丁寧に書かれていて共感する部分が多かった。作者の伝えたい事を全部くみとることはきっと出来ていないのだろうけど純粋にわかりたいなぁと思う。優しくて柔らかくて繊細な言葉達があって登場人物も自然と魅力的になるのでしょう。私は不良にはなれないけど物事の本質をわかっている又野君が好き。
★6 - コメント(0) - 2016年12月7日

世の常識とか先入観で頭がパンパンに凝り固まっている大人の私にぴったりの一冊でした。常識にとらわれないまっさらな感性の持ち主の秀美は魅力的でとても素敵だなぁと思いました。洞察力まで鋭い秀美なので人と余計に差を感じてしまうこともあるだろうけどその感性、生き方を大事にしてほしい。
★13 - コメント(0) - 2016年10月29日

私を前向きな気持ちにしてくれた一冊。幸せそうな人でもそうでない人でも不幸というのは誰しもが抱えているもの。不幸にはそれぞれの形があり生きている限り前に進まなければならない。そのことに気付いた主人公が、「悲しみだって幸せだって時間とともにとけていく、流れていく」それを受け入れ、前に進んでいく走っていく生きていく姿勢に心うたれました。
★7 - コメント(0) - 2016年10月28日

恋というのは理屈じゃなくて 好きになったら好きでそれでいいじゃないかと主人公の恋をどんな形であれ肯定してあげたくなる。そもそも否定できる恋なんてこの世にはないのかも。既婚者だとか複雑な状況であったとしても恋なんて気付けば好きになっているものだし気付いたあとでもその気持ちは美しくどこまでも続いていって本当はどこまでも単純なものなのかなぁと。好きな人と離れた途端、いままでの自信がふきとんで一気に弱ってもろくなる姿、人間ならではの弱さであり、人間の特権でもあり人間のそういうところって愛おしく感じます
★13 - コメント(0) - 2016年9月21日

はさんの感想・レビュー

最近のつぶやき

今更、地球が青くて丸いことを疑うことはもちろんないけど、みんな地球を自分の目で直接みたことないのにも関わらず、地球は丸くて青いんだって信じて疑わないことが不思議でよく分からないんですよね
★7 - コメント(8) - 2月18日 19時22分

著者グラフ

最近読んだ著者:さくらももこ 千眼美子 おーなり由子 池田晶子 中村航 山田詠美 森絵都 中村航 三秋縋 住野よる
はさんの著者グラフ
ログイン新規登録(無料)