ユキタ

ユキタさんの1月の読書メーター
記録初日
2011年09月24日
経過日数
1983日
読んだ本
913冊(1日平均0.46冊)
読んだページ
304230ページ(1日平均152ページ)
感想/レビュー
892件(投稿率97.7%)
本棚
8棚
性別
年齢
36歳
血液型
A型
職業
事務系
自己紹介
読書は娯楽。本屋は魔窟w、図書館は天国。
基本、ハッピーエンドの作品は高評価。楽しく読みたい楽天家です。
ミステリーとファンタジーとSFと時代小説とロマンス小説が主食の雑食。

読書グラフ

最近の感想・レビュー(892件)

図書館。読めば読むほど読みたい本が増える作品。「幽霊なんて怖くない」、タイトルの真意に頷かされる。戦争というと重たくて手に取るのをためらうジャンルだけれども、この小説で紹介されていた本はいくつか興味をそそられた。
★6 - コメント(0) - 2月25日

これがたった1日の話だなんて!読み終わったあとの疲労感は衝撃の結末すら「分かった……ケイティこれから大変かもしれないけど、週末ゆっくり休んでからね」って気持ちになるw
★3 - コメント(0) - 2月23日

日本のファンのために出版された1冊。今までのストーリーで培った2人の絆があればこそ、この絶対絶命のピンチも2人はどう切り抜けてくれるか楽しみながら読めちゃう。しかも何度でも!!このお話は映画にしても面白いと思う。
★3 - コメント(0) - 2月22日

再再読。何度読んでも、ケイティとオーウェンの手探りでもどかしい距離の探りあいがじれったく、その分ラストシーンに心が弾む。ケイティのパワフルで「普通じゃない」家族たちのエネルギーが楽しい。再び舞台をNYに戻しての5巻も続けて読む!
★4 - コメント(0) - 2月20日

図書館。MM9シリーズのスピンオフ的位置付けながら、怪獣災害があるという世界観さえ押さえておけばシリーズを読まなくても楽しめると思う。収録されてる4つの短編のうち、ミステリー仕立ての2つ目が好き。
★4 - コメント(0) - 2月18日

図書館。突然、電気が消えた日本でサバイバルする一家の話。義之の態度にイライラさせられつつも、時々コミカルなシーンが入るのでエンタメとして楽しんで読み進められるけれど、実際にこんな状況になったらと思うと恐ろしい。 映画原作本。
★7 - コメント(0) - 2月17日

図書館。ビブリオバトルについて書かれた本なので、読み進めれば読み進めるほど読みたい本がざくざく出てくる!主人公の1人伏木空の嗜好からSFの魅力について熱く語られているシーンが多いが、他の登場人物が紹介する違うジャンルの本も魅力的に書かれている。この本で紹介されてたどの本を読もうかな。楽しい。
★6 - コメント(0) - 2月16日

図書館。確かに1つだけ観たことのあるケラリーノ・サンドロヴィッチの映像作品にとても寄せてきているなぁといった雰囲気で、だからいつもの道尾作品らしくないんだなって思っていた。でも、読書メーターの感想をみて納得。そうだこれ伊坂作品っぽいんだ!一人一人バラバラの動機で集まったメンバーが1つの出来事に翻弄されるスタイルは好き。
★14 - コメント(0) - 2月15日

ユキタさんの感想・レビュー

著者グラフ

最近読んだ著者:山本弘 シャンナ・スウェンドソン シャンナスウェンドソン 矢口史靖 道尾秀介 中野京子 ムア・ラファティ 北村薫 高山羽根子 堂垣園江
ユキタさんの著者グラフ

お気に入り(2人)


ログイン新規登録(無料)