キョウラン

キョウランさんの2月の読書メーター
記録初日
2011年10月11日
経過日数
1992日
読んだ本
2712冊(1日平均1.36冊)
読んだページ
912792ページ(1日平均458ページ)
感想/レビュー
284件(投稿率10.5%)
本棚
8棚
URL / ブログ
自己紹介
2013年12月27(金)メモ
アニメとラノベと早川文庫好きーな人ですw

2014-2015年 新☆ハヤカワ・SF・シリーズ 第2期ラインナップ
2014年2月「レッドスーツ」ジョン・スコルジー
2014年4月「オマル」ロラン・ジュヌフォール
2014年6月「SF的な宇宙で安全に暮らすということ」チャールズ・ユウ 円城塔/訳
2014年8月「オマルの征服者」ロラン・ジュヌフォール
2014年10月「vN」 マデライン・アシュビー  大森望/訳
2014年12月「王たちの道」ブランドン・サンダースン
2015年2月「紙の動物園」日本オリジナル編集 ケン・リュウ
2015年4月「王たちの道2」ブランドン・サンダースン
2015年6月「複雑系王子」ハンヌ・ライアニエミ
2015年8月「王たちの道3」ブランドン・サンダースン
2015年10月「クロックワークロケット」グレッグ・イーガン

 来年と再来年の希望を書いておこうかと(ぉ
 円城塔/訳の「SF的な宇宙で安全に暮らすということ」チャールズ・ユウは気になるな。
 あれ、もしかすると円城塔/訳の本はこれが初になるのかな?

読書グラフ

最近の感想・レビュー(284件)

読んだ、面白かった。いやあいいSFですよ。なんかねえガンスリンガーガールのような苦いSFっていうか。でてくる患者さんは全部ロボットなのな。帯にもある通り近未来版ブラックジャック。最初表紙みた瞬間ゆうきまさみのマンガかと思ったけどちゃうのね。ほんとに売れて欲しいマンガだけど売れてなさそう。週刊誌でこのレベルはすげえ。週刊チャンピオン毎週読まなきゃ。本屋でポップで書いてくれんかね、誰か。
★17 - コメント(0) - 2016年4月8日

特に難解というわけもなく一気に読んだ。第七世代とかちょっと内輪ネタもあり福島さんのことに言及したりなかなか面白かったな。アーサー・C・クラークや神林長平の影響もあるのかな。次は下永 聖高「オニキス」藤井太洋「オービタル・クラウド」あたりも読んでみたい。2014年もSFは元気だなあ。
★21 - コメント(0) - 2014年3月15日

やはり気になるのは2005年に出た「オルタード・カーボン」であろう。しかしこのミスで60位以内にも入らずSFでも評判も良いとは聞こえてこなかったような……。「極私的」ってうたってる割には要所要所押さえてて面白かった。ジェフリー・ディーヴァーの「魔術師」が傑作と評してのはすごく共感したし。「シャンタラム」も良かった。「アンドロイド夢の羊」をランキングに入れるのもいいなあ。素晴らしい。
★20 - コメント(2) - 2013年10月28日

こんな可愛い娘がオジー・オズボーンを知っているわけがない。いくらタモリ倶楽部の空耳アワーを見てるとはいえ無理がありすぎだろうw
★18 - コメント(0) - 2013年9月5日

はじめて読んだのはずっと前でも全然色褪せないな。飛浩隆の「グラン・ヴァカンス」もそうだけど。しかし10年経ってもテッド・チャンの本ってこれしか出てないってどんだけ寡作家なのか。SF読者必読の書。一見何がなんだかわからなくても2回3回と読めばなんとなく理解できて面白くなってくる。「地獄とは神の不在なり」はタイトルだけでもセンスが光る。「バビロンの塔」と合わせて「ここがウィネトカなら、きみはジュディ」に収録されてる短篇も読むべし。
★36 - コメント(0) - 2013年8月17日

渚君最強か。アメとムチの暴力教育ではダメだよなあ。烏間先生は生徒のことをちゃんと思っているまともな先生なのね。テーマは暗殺なのになぜか殺伐としてなくてコミカルで暖かい話が多いのは不思議。大体この手の話は暗く重くなりがちなのに手軽に手にとって読める漫画に仕上がっているのは素晴らしいよなぁん。
★39 - コメント(0) - 2013年8月4日

兄弟のために走るのカッコ悪-とかいいつつ結局走るのかよ!俺も復帰試験受けて~ってムッタはなんのトラウマも無いだろ、相変わらずムッタは面白いな。このメンバーで宇宙行くとか新キャラが多いな。まあやがては日々人も一緒に宇宙行くっていう話もやるんだろうけど。「リーダーというのはやはり安心と興奮を同時にくれる」チームワークが良くなる訓練ってなんなんだろうなって考えてしまった。
★17 - コメント(0) - 2013年7月23日

時々宇宙兄弟読んでて思うことは短編小説のようなセンスを感じるな。だからあのキャラが「暇すぎて短編小説を書いてやる」みたいなことをいったのかも。せりかさんが懐かしい。っていうか1ページくらいしか出番がないのに笑ったwムッタが切れ者のビンスさんのバックアップに。心が躍るね。今まで散々きつい宇宙飛行士の訓練やった新田とケンジはこれからどうなるのか。日々人の訓練もハラハラするな。トラウマ克服ってホントに大変そう。
★12 - コメント(0) - 2013年7月23日

キョウランさんの感想・レビュー

著者グラフ

最近読んだ著者:武田綾乃 川上稔 駱駝 山田胡瓜 コトヤマ 山本崇一朗 支倉凍砂 伊藤計劃,山形浩生,藤井太洋,中原昌也,佐藤亜紀,多根清史 早川書房編集部 平坂読
キョウランさんの著者グラフ
ログイン新規登録(無料)