だいちゃん

だいちゃんさんの2月の読書メーター
記録初日
2011年10月15日
経過日数
1991日
読んだ本
114冊(1日平均0.05冊)
読んだページ
35189ページ(1日平均15ページ)
感想/レビュー
72件(投稿率63.2%)
本棚
0棚
性別
年齢
42歳
血液型
B型
職業
営業・企画系
現住所
大阪府
外部サイト

読書グラフ

最近の感想・レビュー(72件)

雑誌『GOETHE』に掲載せれていたコラム集です。毎回お題があってそれについて書くというスタイル。様々なテーマがあって、それについて書かれているんですが、一貫してブレない村上龍さんのスタンスが面白いです。ちらっと掲載紙が意図しない方向性で書いたりするところとかいかにも著者らしいなとか思ったりします。あと、文字が大きいので思うより早く読めます(笑)
★2 - コメント(0) - 3月10日

東野圭吾さんの短編集です。著者の長編はたくさん読んで面白さは言わずもがなですが、短編もなかなか秀逸。色々な切り口、パターンがあって飽きずに楽しめます
★8 - コメント(0) - 3月7日

日本人にはわりと身近な存在の神社ですが、そこには驚くべき秘密が!という内容の本です。統計学的なアプローチ少々とスピリチュアル的なアプローチが多数でホントに??という部分もありますが、神社に行くことで様々な恩恵が得られるということが書いてあり、『よし!神社に行こう!』と読後に思える内容でした。
★7 - コメント(0) - 3月6日

ホリエモンが実際に各国を訪れて感じたこと、それをベースに、日本の良いところ、悪いところを掘り下げて書いてある本です。 今後、日本をどうしていけばいいかという提案も多数あり、とてもおもしろく読めました。 20代のひとが読むと生き方の参考になりかもしれないですね
★2 - コメント(0) - 2月16日

自分は良く眠れない時などに脳が活動を止めずに思考が無限ループすることがあり、脳科学に裏打ちされたこの脳の休息方に興味を持ち手に取りました。 内容は小難しい事が書いてあるんですがストーリー仕立てで分かりやすく、最初に7つの休息法が書いてあり、使いやすい本になっています。 この休息法はとても効果的だと思うので、今後も実践して疲れにくい脳になるようにしたいですね
★7 - コメント(0) - 2月14日

人間関係の問題を解決するための面白い方法論でした。この方法が実践できればたいていの人間関係の問題はクリアになりそうで早速実践してみようと思える実践的な内容でした。
★5 - コメント(0) - 1月28日

本作は元々短編として書かれたものを長編の第一章として仕上げた作品とのこと。 銀行を襲うところに至るまでにも、伊坂さんは抜かりなく短編のエピソードを拾い上げ、さらに人助けをする後半以降でも、そのエピソードは活かされている。 そういうなかで、やっぱり『成瀬』の存在は秀逸、彼がいるのと居ないのとでは銀行強盗や人助けの計画の成功率が違いすぎるw 他のメンバーも前作にまして魅力が増してきましたが、やっぱり『成瀬』あっての話だなっておもいました。 今回も最後までハラハラドキドキしました、面白かった!
★15 - コメント(0) - 1月3日

伊坂さんの小説は伏線が練りに練られていて、いつもどうやって収斂するんだろうとワクワクしますが、本作品もそうです。出て来るものすべてが無駄にならない、さすが伊坂さん!って作品です
★24 - コメント(0) - 2016年10月31日

だいちゃんさんの感想・レビュー

読みたい本(1冊)

輝天炎上 (角川文庫)
1710登録

著者グラフ

最近読んだ著者:堀江貴文 村上龍 東野圭吾 八木龍平 堀江貴文 久賀谷亮 アービンジャーインスティチュート,金森重樹,冨永星 伊坂幸太郎 岸見一郎,古賀史健 佐藤美由紀
だいちゃんさんの著者グラフ
ログイン新規登録(無料)