きいろ

きいろさんの2月の読書メーター
記録初日
2011年12月15日
経過日数
1929日
読んだ本
91冊(1日平均0.05冊)
読んだページ
29338ページ(1日平均14ページ)
感想/レビュー
84件(投稿率92.3%)
本棚
0棚
性別
現住所
大阪府
外部サイト
自己紹介
老アニヲタ

【読んでる本】図書館から借りている本

【積読本は】図書館予約中

登録の9割はそんな感じ

お金はあまりないから本は図書館か古本メイン

図書館は3自治体を活用

マンガは新古書店かレンタル

読書メーター活用はぼちぼち

アニメもマンガも本も雑食

ゲームはオンラインのパンヤくらい

好きなプリキュアは黄色

好きな食べ物はカレー(^ω^)

追加

お気に入り登録、ナイス、コメント、ありがとうございます。

お気に入りの登録や解除は適当によろしくです。

お気に入り登録はなんか適当にポチらせてもらってます。

お気に入り解除希望のかたも気楽におしらせ下さい。

よろしくおねがいしますm(_ _)m

読書グラフ

最近の感想・レビュー(84件)

読了 ココロコネクト4冊目、今までで一番辛いお話でした。メインは伊織さんなのですが、初期よりアイデンティティに不安要素を匂わせていた彼女、今回の現象で壊れます。あーもうぶっ壊れます。それに対し文研メンバーの思いや考えを 各章ごと其々の視点に切り替えてお話は進んでいきます。表紙の彼女は皆から少しはなれてこちらに顔を向けています。彼女は何を見てるのか見えているのか、今回も良い表紙です。さてさて辛いお話ばかりでもアレですので某ラノベガイド本で人気3位の稲葉姫子さんのデレぷりでニヤニヤするのも良いかも (^ω^)
★21 - コメント(0) - 2013年3月3日

読了 3巻目です。今回の現象は「時間退行」文研部のメンバーたちの心身が過去退行するこにより、思い出したくない過去や忘れていた過去が思い出され晒され、其々の関係もまた大きく揺すぶられます。消し去りたい過去や、やり直したい過去に文研部のメンバーはどう結論を出すのか。熱い彼ら彼女らの青春が眩しい巻でした。しかしスナップ写真のような表紙が今回もよいですな~(^ω^)
★24 - コメント(0) - 2013年2月25日

読了 7巻です… 表紙右の髪の長い女の子、またキリトさんが、美味しく…ではと、読み始めると、あら?アスナさんメイン!じゃあこの子は? 「ゼッケン」の二つ名の凄腕の剣士、キリトさんも負けた?!それを知ったアスナさん剣士として彼女とのデュエルに!それと同時にリアルでも母親との確執が!展開も早く前半終了・・・ そして後半この巻は難しい事柄に幾つか触れていきます。現実のVR技術が作中の様に早く成ることに期待したくなる作品でした。「これは、ゲームであっても遊びではない」茅場晶彦のセリフで〆(^ω^)
★33 - コメント(0) - 2013年2月17日

読了 非日常青春学園物、今回の非日常は「欲望解放」日々我々も色々と抑制をして生活してるのですが、そのタガが外れる!ああ・・・なんて恐ろしい、傷つき傷つけあうまさに「キズランダム」作中の彼ら彼女らは乗り越えていくのですが、自分の周りでそんな事があると確実に色々おわるw。  うんで、今回はやっぱ、「稲葉~ん」こと稲葉姫子ですな。アニメの初回でも声優さんの演技のもあり、えらいつっけんどんで上からの物言いの娘さん仕上。イヤだこの子と思わせといて。今回のコレ、ギャップ萌で、ブヒるのもしかたないブヒー (^ω^)
★28 - コメント(0) - 2013年2月14日

読了 今巻もさくさく 序盤女子の戦いでコレハイクノカと思い気や寸止めでと云うかさらりと流し。お話を深く掘るかと思うとのらりくらりとかわす。しかしそう見えてあのフラグまだ生きてたのかの展開、全体的にさらりといくようでありそうでもなし、このシリーズはこれがいいんだろうな~ (^ω^)
★17 - コメント(0) - 2013年2月4日

読了 11巻「過去話」この兄妹の現在の関係原因の話を、新キャラと幼馴染の地味…麻奈実を交えての語りがこの巻、しかし次で最終巻なのか?本当に?、スピンオフとか出そうだけどね~まあ12巻楽しみです (^ω^)
★23 - コメント(0) - 2013年1月31日

読了 ファントム・バレット編の完結、まあ結末はそうだろなと思ってたとおりかな、でもベタも安心して読めるので○かな、しかしキリト君はもう出てくる全てのキャラを嫁にしてしまえばいいのに。今回あんなキャラだったし (^ω^)
★21 - コメント(0) - 2013年1月23日

読了 2012年夏アニメだけど、最初見たのはこの正月休みでした。「ああこういう作品が今だとラノベでなのか」というのが最初の感想、その時々にやっぱりこういう作品があるんだな~と、作中の彼らに近い世代で、自分位置や他人と関係、他人の中の自分、色々な事柄が周りにあり、それらを多感に感じ取れる頃に出会うと嵌るだろうな~と、そしてしばらく立つとそれが青春なんだよなと気恥ずかしく、もっと立つと只々懐かしく… 私はもう年を取ってしまったけど、本を読んでる間だけでも制服を着てた頃にちょっぴり戻どれるかな (^ω^)
★16 - コメント(0) - 2013年1月14日

きいろさんの感想・レビュー
ログイン新規登録(無料)