かんヴァル

かんヴァルさんの2月の読書メーター
記録初日
2011年12月22日
経過日数
1922日
読んだ本
341冊(1日平均0.18冊)
読んだページ
104929ページ(1日平均54ページ)
感想/レビュー
76件(投稿率22.3%)
本棚
7棚
性別
外部サイト
自己紹介
落第騎士と禁書が好き

読書グラフ

最近の感想・レビュー(76件)

平易な文章、軽戒でコメディタッチの会話でテンポよく進んでいく。この手の難病モノにしては軽く進むのかなと思っていると、ぞくりとするほど冷ややかなな死を感じさせる描写が突きつけられる。死というものに正面から向き合った、美しい物語でした。死にゆく者の心情は勿論、置いていかれてしまう恐怖の描写が克明に描かれているなと。まみずと卓也、それから『偽装離婚』をしていたまみずの両親、香山くんがよかったです。
★21 - コメント(3) - 3月13日

何を書いても無粋になってしまうだろうけど、書こうと思う。泣いた。ただひたすらに泣いた。『かえで』消失の可能性が示唆されても、そうなるとは思っていなかった。笑顔で終わる話なのだと思っていた。日記のシーンで何度もページをめくる手が止まった。それでもなんとか読み終えた。「ノートの花マルと同じで、その悲しみもかえでさんが咲太君にくれた大切なものなんですから。かえでさんの存在の大きさそのものなんですから」という言葉に救われた。だから取り留めのない、無粋な感想を記しておこうと思う。それが『かえで』のいた証だと信じて。
★11 - コメント(0) - 2016年11月16日

表面上のやってることはグロいんだけど、あんまりグロさはなかった。描写がどこか乾いてるのと、一回のグロシーンが短めなの、酷い目に合うキャラはだいたいモブだからかなって思うんだけど、どこか渇いた凄惨なシーンが何度も何度も描かれるのが、終盤のシーンに繋がっているのがめちゃくちゃよかった。"俺はこっちで恐ろしいものを見すぎたんだな"、凄惨な出来事が、主人公を縛っていた過去から脱却するきっかけになるのが、物凄くこの物語"らしさ"で、拷問ってモチーフとのシンクロが綺麗。
★7 - コメント(0) - 2016年11月9日

どこまでも純粋で、美しく、荒々しく、雄々しく、ひたすらに熱い、最高の、男の話でした。生まれた時から、ただ憧憬を、再戦を、ベルだけを求め続けるアステリオス。憧憬のため、誰かを守るため、英雄になりたいと願うベル。シンプルでありながら、そこへ至るために様々な要素を丁寧に配置していく作者の手腕が、ベルとアステリオスのぶつかり合いが、本当に美しい。そして熱い。これで一勝一敗。"ゼノスとか、使命とか抜きにしてめちゃくちゃ悔しい"。強くなりたい。ベルの純粋な願いが熱い、本当に熱い。彼らの戦いの結末を必ず見届けたいです。
★22 - コメント(0) - 2016年10月14日

各章それぞれ話が綺麗にまとまってて、短編集みたいな構成。どの話も面白かった! サブタイ的にエルフの回がメインかなと思ってて、勿論エルフもめちゃくちゃよかったんですが、ムラマサ先輩にやられた……! パジャマ、手紙……良すぎる。京香さん、合コンの話もよかった。合コンの話みたいに、ラブコメでがっつり男キャラが出てくる話は面白い。
★14 - コメント(0) - 2016年6月16日

ティオネとティオナの関係がよかった! ティオネがずっと笑顔を絶やさないティオナを疎んでいたけど、それでもティオナに救われてたってのがいい。ティオナの笑顔の意味、『英雄譚』が好きな理由もよかった。ティオネがフィンに恋したエピソード、ラストのフィンもよかった。あとベートがかっこいい! ガレスとレフィーヤの下りは笑った。まだ救われていない春姫さんが出てくるのは、このあと救われることを思うと感慨深い……。
★19 - コメント(1) - 2016年6月15日

『せいぜい色付けて、教えてやってください……オマエの兄ちゃん、世界一カッコよく死んだんだって』/熱いな、亜賀沼くん……! 亜賀沼くん、山武、オルソンが更生、活躍する展開が王道ながら熱くてよかったです。それと並行して描かれる葵、茜のエピソードもよかった。神無木を通して繋がる過去を起点として、二つのラインをまとめる手腕、そこからくる話のボリュームがすごい。エイルン/夏樹の日常での常識の違いからくるコメディ描写がツボでかなり笑った。セレン、紫貴エルフィーナも(エルフィーナも!)可愛くていい……。
★10 - コメント(0) - 2016年6月14日

主人公の"昔めちゃくちゃすごかった感"がよかったです。年齢制限があってもう使えないはずの力を主人公が使える理由もいい。悠香ちゃんがお気に入り。ロータス・ブライドも好きな感じで今後に期待。ラストの締め方もよかったです。
★7 - コメント(1) - 2016年6月13日

かんヴァルさんの感想・レビュー

著者グラフ

最近読んだ著者:佐野徹夜 平坂読 鴨志田一 鎌池和馬 鴨志田一 綾里けいし アイザック・アシモフ 東出祐一郎 志倉千代丸 大森藤ノ
かんヴァルさんの著者グラフ
ログイン新規登録(無料)