tongari

tongariさんの12月の読書メーター
記録初日
2011年12月31日
経過日数
1845日
読んだ本
44冊(1日平均0.02冊)
読んだページ
9711ページ(1日平均4ページ)
感想/レビュー
35件(投稿率79.5%)
本棚
1棚
性別
年齢
34歳
血液型
A型
職業
技術系
現住所
広島県
自己紹介
本を読むのは好きなのだけれど、すぐに眠たくなってしまうのが悩みです。

読書グラフ

最近の感想・レビュー(35件)

「なぜ人を殺してはいけないのか」という問いに、自分が納得した答えをもっているだろうか。「知っている」とは、本や人から得た知識。「考える」とは、自分を取り巻く世界の輪郭を指でなぞり、その形と広さを認知する、霧を晴らしていくような作業である。 自分で考えるということは、他者の助けを適切に借りながら、自力で生きる力だと思う。 子供に読ませたい本。しかし、3ページくらいで飽きそうである。
★1 - コメント(0) - 1月15日

ねほりんぱほりんの億り人の回で紹介されていて、興味がでて購入。面白い。業種とその説明、成長率、企業間の関係などがまとめられている。自動車部品業界のトップはどこか、EMSって何かとか、初めて知った。高校生が進路を考えるときに読むと、将来つく仕事の選択肢が広がってよいと思う。
★1 - コメント(0) - 1月15日

小学生編である。 登場人物がみんな、フロムの定義するところの愛ある関わりをしていてほっこりする。 それは、自分で自立しようとする子を支援する親の態度や、謝っても上手くいかないこともあることを予め伝えることとか、ダメでも受け止めてもらえる安心感とか。 読後感は、ジワーッとしたいい気分。これが幸福感か。
★11 - コメント(0) - 1月11日

素晴らしいファンタジー漫画。モテてぇな、という男の煩悩が実現した様子を、見事に漫画へ描き出している。モテるがやわらかい課長をめぐる、男女と猫が織り成す相撲劇。特に猫がいい味を出している。
- コメント(0) - 1月8日

コンテンツとは、現実に対する脳の中のイメージを表現したもの。なるほどなあ、と納得しながら読んだ。読みながら気がついたことがある。自分は、何か切実さがにじみ出ているような作品に心を揺さぶられ、面白いと感じる。そういう作品は、作り手の切実な想いから生まれるのであろう。
★2 - コメント(0) - 1月8日

表紙がホログラム加工で、カードダスのキラカードを思い起こさせてくれる。担当と作家の面白い作品を生み出すための試行錯誤は、欲望も加わりとんでもないことになる。特に、作中に登場するカルビ先生は真面目で応援したくなった。ううむ、あれからどんな漫画ができあがるんだ。
- コメント(0) - 1月6日

前半は面白く読めたが、後半はなんだか退屈だった。共感したのは、新しいアイデアは、練られるまえに話すと大したことはなかったと萎んでしまう。だから、本当に大切なことは、安易に話さないで、育てていくことが肝要である、というような意味のこと。ただ、アイデアを発信する場は身近な人だけではなく、今はツイッターもあるから、それもまた違うのかもしれない。アイデアの発信には、複数の手段を持つことが肝要なのかもしれない。
★11 - コメント(0) - 1月4日

一文ごとにブスというデスワードを入れないとHPが減る呪いにかかっているかのようだが、傷つくどころか、逆に頭が空っぽになるほどの笑いによる癒し(疲れ)が得られるという不思議な本である。知人の嫁にもぜひ読んでもらおうと思ったが、ここにあるブスとは、あなたのことを言っているのではない、ということをいかにして伝えるか、という課題に直面している。
★10 - コメント(1) - 2016年12月11日

tongariさんの感想・レビュー

最近のつぶやき

kindleでセール本を買うも、読まずに積むを繰り返している。高くても、読みたい本を買うほうがいいな。読んでいてわくわくする良質な小説を読みたい。
★1 - コメント(0) - 1月10日 19時35分

2016年の読書メーター 読んだ本の数:28冊 読んだページ数:6379ページ ナイス数:100ナイス ★2016年に読んだ本一覧はこちら→ リンク
★1 - コメント(0) - 1月2日 1時40分

tongariさんのつぶやき

著者グラフ

最近読んだ著者:ペーテル・エクベリ 雨隠ギド 伊坂幸太郎 外山滋比古 カレー沢薫 川上量生 又吉直樹 ネギたぬ 高田かや 小野美由紀
tongariさんの著者グラフ

お気に入られ(2人)


ログイン新規登録(無料)