ライノ

ライノさんの2月の読書メーター
記録初日
2012年01月10日
経過日数
1902日
読んだ本
342冊(1日平均0.18冊)
読んだページ
105588ページ(1日平均55ページ)
感想/レビュー
36件(投稿率10.5%)
本棚
5棚
性別
血液型
A型
職業
販売系
現住所
広島県
URL / ブログ
外部サイト

読書グラフ

最近の感想・レビュー(36件)

第5章までの筆が全く進まない状況がリアルタイムな自分(一応同人小説書いてるので)の状況を見てるようで、まさに「くっ、殺せっ」だった(爆死)。第6章で某女史がそのスランプを抉るように掻っ捌いてくれます。脱するヒントは必読? ……これって更に誰かの受け売りなん? しかしその悪魔ってる展開を抜けたら悶絶地獄かよ!? 倫理君と加藤さんのイチャイチャをこれでもかと(しかも加藤さん、競り負けてる!?)。このまま池袋でゴールするかと思ってたら、そこで話し切るのかよ!? 「転」となるっぽい続刊、何が起きたんだ!?
★9 - コメント(0) - 2016年11月26日

以前も夏コミ本表紙描いてる最中締切間近に将に時間泥棒されたりしたけど今回は…。P112から始まる公判(誤字じゃない!?)!! 入稿締切間近の修羅場時期に読まなくてホント良かったわ~。といっても入稿後だと後の祭り過ぎてそれはそれでしめ縄喰らうんですが(苦笑)。そんな感じで詩羽先輩ターンを追体験させられたかのような巻でした。あれ? 詩羽先輩と海水浴って(予告なく内容が変更される場合ってカラー絵に書いてあったわ)。紅坂"ラスボス"朱音は暴君だと思ったら多少は相手を認めたり煽ったり情を見せたりと、存在感あるなぁ。
★9 - コメント(0) - 2016年8月1日

「近いか遠いのか分かんねぇよ異世界!!!!!!」という某人物のセリフがホンマに心に響くわ。世界観が果てしなく壮大なのか六畳一間と笹塚一帯なのか(苦笑)。今までのお話が天使や悪魔のネーミングからしてファンタジーだった一面が急にSFチックに変わったのには正直面くらいましたが、それらをひっくるめて小さな(それでいて遙かに大きな)目的の為にかつての敵を含めて皆で協力して大事を始めるとか、魔王さんの今後(次の巻というよりも文字通りの「翌日」)の予定とかの酷いギャップが最後まで健在だったのに安堵感(笑)。
★9 - コメント(0) - 2016年3月30日

SJまた開催された~♪ 主人公のレンでさえも無双過ぎるのに、今回はエムだけでなくピトさんとチーム組むなんて、ワンサイド過ぎるでしょうに。実際見事にミナゴロシ状態でしたが。登場する他の面々もスキルは挙げつつも基本ガンマニア揃いで特に中堅所は見せ場用意されてますね(中盤で凄い激闘ありますが、ここは敢えて特にT-Sのアレを挙げたいかも(苦笑))。対アマゾネス軍団戦は下巻かなぁと思ったらまさかの特別ルール発動で折り返し!? これまた場を引っ掻き回しそうだわ。毎度のオマケ話も本筋と関係ないけど、なんか実在しそうな。
★13 - コメント(0) - 2016年3月17日

読み始める前に先に巻末を見て「四日目が、続く」→fin とだけ確認した時は、中途半端に終わらせるのかぁと残念に思いながら読み始めましたが……2巻までと同様に事態が次々と連鎖していく群像劇に引き込まれてしまい、気付けばあれよあれよと当事者全員が(これ以上はネタバレ核心なので以下略)。ともかく最初の残念感が嘘のように事は結し……てなくて、仕切りなおしみたいな展開で終わってて、これがまた面白い状況になってるから、また気が向いたら新しい事件でみんな名古屋中を走り回ってくれそうな予感がしました。
★6 - コメント(0) - 2016年1月27日

おおぅ、某虎で昨日買って24時間調度ぐらいで読み終わっただと!? 外伝と言うか、黒スト黒髪黒い性格VSポンコツ金髪ツインテが張り合に至った経緯からのお話だけかと思ったら、恐怖の大魔王を倒す為に女勇者二人が立ち上がる決意までの前日譚かという締めで…。そして、あの新幹線のホームの惨事(被害者はえりりん?)の後か(苦笑)。第2部で倫理君はこの二人にどう対向するんでしょうね。(※帰宅して一気に書いてる感想です)
★13 - コメント(0) - 2015年2月22日

第6巻ラストの叛逆の加藤をどう収拾するのかにばかり注目して最新巻に臨みましたが、まさかの展開過ぎた波乱の第1部完!!(第1部だったんだ今まで) 加藤との問題にやっと向き合えたのに、その裏ではあんな事が冬コミ(第6巻)から侵攻してたなんて、どんだけちゃぶ台(以下略)。余りの波乱過ぎて挿絵もシリアス続きでした……P233で全て台無しデス。いや寧ろ息がリアル詰まって逝にそうなカット続きでした、これは酷い(笑)。ボブ髪に戻ってリスタートとなった加藤さんだけど、第2部では主導権握りそう。出海ちゃんも参戦するし。
★16 - コメント(1) - 2014年12月22日

終盤のバトルの後始末で何があったのかが不明なままだったのが気になるというか舞香先輩が何をしたのか!?が気になって早く続きをって思う。黒髪美人で生徒会長の九条舞香先輩は、その身内向けの振る舞いが健気で可愛くてちょっと残念ヒロインで(苦笑)。って舞香先輩の事しか触れてないな(笑)。強いて言えば、例えば不明人物について、それが誰かという注視のズレ(ブレ)を意図しているけど、声をイメージしながらだとP314に至ってアレ?ってちょっと違和感を覚えましたが。
★8 - コメント(0) - 2014年12月11日

ライノさんの感想・レビュー

著者グラフ

最近読んだ著者:丸戸史明 鳳乃一真,赤りんご 時雨沢恵一 三浦しをん 木崎ちあき 加納新太 和ヶ原聡司 鳳乃一真 時雨沢恵一 成田良悟
ライノさんの著者グラフ

お気に入り(1人)


ログイン新規登録(無料)