えいとん

えいとんさんの2月の読書メーター
記録初日
2012年01月02日
経過日数
1911日
読んだ本
312冊(1日平均0.16冊)
読んだページ
87556ページ(1日平均45ページ)
感想/レビュー
277件(投稿率88.8%)
本棚
4棚
年齢
26歳
血液型
A型
職業
事務系
現住所
東京都
自己紹介
社会人3年目。
死ぬまでに数千冊しか本が読めないのかと思うと怖くて震える。
1冊1冊を大切に、今年の目標は60冊

読書グラフ

最近の感想・レビュー(277件)

推理はあまり大したことがなくあっさりしていたが、2人の関係性やストーリーが大きく動いた回でした
★2 - コメント(0) - 3月21日

前回から話が続いています。 主人公たちが監獄島を脱出して気を抜いていた感じがしたので心配していましたが、お互いの強みを生かして事件を解決してよかった。
★2 - コメント(0) - 3月21日

錬金術はオカルトの鉄板ですが非常に楽しめました。ブライアン・ロスコーが鍵なのは分かるのですが、敵役とも言い難いのがなんとも。 ラスボスはやはり貴族の親父さんなのかな?
★3 - コメント(0) - 3月20日

短編の推理小説が5編。 事件発生→推理→解決まで全て行うと長編になってしまうが、そこを上手に省略して、なおかつ割愛したところを謎にしていて大変美しい。 これまであまり推理小説を読まなかったが、短編の場合はこうなるのだなあと感服させられました。構成を知りたい時だけ再読
★8 - コメント(0) - 3月18日

探偵役であるヴィクトリカが離れたところで推理が行われた。彼女が現場に居なくても推理が出来ることは予想がついていたが、もう1人の主人公である久城の行動力や正義感が光った、そんな1冊。今回も面白かったです。
★4 - コメント(0) - 3月17日

作品全体に関わる主人公ヴィクトリカの母親のお話しが出てきた。初巻は実際のヨーロッパ史を踏まえていたが、これから徐々に変わっていきそう?続きが読みたくなりました
★7 - コメント(0) - 3月17日

久々に書店を回ったら新作が出ていたので購入。 特別な環境に育ち思い悩む主人公と真っ直ぐな幼い少女、この設定やはり大好きです。 紫が関わると途端に感情の箍が外れて真九郎が強くなるシーンも良いです
- コメント(0) - 3月16日

気になっていた作品。システムの導入から浸透までを数十頁にまとめるのが流石です。長めなのでうっかり飛ばして読みそうになってしまったけど、頭からじっくり読んで良かった。再読は不要かな
★12 - コメント(0) - 3月13日

えいとんさんの感想・レビュー

最近のつぶやき

【献本プレゼント】読書メーターで、窪美澄さんの最新作「やめるときも、すこやかなるときも」の献本に応募しました!締切は3月20日!応募はこちら→ リンク
- コメント(0) - 3月19日 8時25分

【献本プレゼント】読書メーターで、事件×お仕事小説「憧れの作家は人間じゃありませんでした」の献本に応募しました!締切は3月23日!応募はこちら→ リンク
- コメント(0) - 3月17日 0時22分

えいとんさんのつぶやき

著者グラフ

最近読んだ著者:桜庭一樹 片山憲太郎 東野圭吾 ノバク・ジョコビッチ 岡田斗司夫 七月隆文 鎌池和馬 三浦将 デイヴ・アスプリー StaffanNoeteberg
えいとんさんの著者グラフ
ログイン新規登録(無料)