Hisato

Hisatoさんの2月の読書メーター
記録初日
2012年01月02日
経過日数
1911日
読んだ本
248冊(1日平均0.13冊)
読んだページ
75779ページ(1日平均39ページ)
感想/レビュー
104件(投稿率41.9%)
本棚
0棚
性別
血液型
B型
現住所
長野県
URL / ブログ
外部サイト

読書グラフ

最近の感想・レビュー(104件)

久々に、読みたい読みたい、もっと先を!と目が追いつかないのをもどかしく思えた一冊。 ま、ストーリー的には「のだめ」「ピアノの森」っぽくて目新しさはないんだけど、そこは流石小説。音を文字に落とし込むなかで浮かび上がる「音楽のちから」、その情景、世界観の豊かさに圧倒される。
★34 - コメント(0) - 3月19日

やさいも水草も同じ植物。 光合成、肥料、定植などなど栽培管理に共通項多し。 そのなかでも、やはり違いもあって、そこもまた楽し。
- コメント(0) - 3月18日

ほぼ史実に沿った展開のなか、戊辰→箱館戦争に自ら志願、参戦したフランス人たちの心情が描かれる。京都にいた頃つくづく思ったけど、欧米人でもフランス人だけは日本のナイーブな価値観が共有できると思う。エスプリ=心意気として。本作ではそのあたりがよく描かれていた。
★1 - コメント(0) - 3月14日

人生で初めて猫を飼うことになった作者が、猫が来る以前(BC=Before Cat)には全く考えもしなかったいろいろなことに気付き、考え想いを深めていくエッセイ集。猫を飼っている人飼ったことある人にとって本書は「あるある」の宝庫。ウチの猫を重ねて想いながら読む。文章にしてくれたことで再認識したことが微笑ましく、そして涙する。
★5 - コメント(0) - 2月22日

グリコ・森永事件をベースに、その後の事件の「今」を描いたフィクション。事件の謎解きはもちろん、むしろあの大事件に巻き込まれた人たちが描かれている。いやー、なかなかの大作でしたが、話が進むにつれて加速度的に一気に読み進められました。
★30 - コメント(0) - 2月13日

表題作はマスカーニによる間奏曲で有名なオペラの原作。アナリーゼ的に読んでみたけど、そもそも間奏曲はこの原作を題材にする前に作られていたらしく、、、うん、話と曲調合わないわけだ。。。
- コメント(0) - 2月10日

ヴェルーヴェン警部の3部作の最終作。読中読後に何度もページをめくり返してしまうほどの伏線っぷりは相変わらずで、さすがルメートル。ま、でも前2作の方が良かったかな。。。
★15 - コメント(0) - 2月7日

詐欺師の話らしく、最後のどんでん返しがうまく決まった作品。
★15 - コメント(0) - 2月5日

Hisatoさんの感想・レビュー

著者グラフ

最近読んだ著者:西加奈子 恩田陸 高木尋士 高島実,佐々木浩之 佐藤賢一 角田光代 市井昌秀,今野早苗 塩田武士 G.ヴェルガ
Hisatoさんの著者グラフ

お気に入られ(3人)


ログイン新規登録(無料)