chiuchiu

chiuchiuさんの2月の読書メーター
記録初日
2009年01月07日
経過日数
3000日
読んだ本
250冊(1日平均0.08冊)
読んだページ
70218ページ(1日平均22ページ)
感想/レビュー
240件(投稿率96%)
本棚
11棚
性別
血液型
A型
職業
事務系
現住所
東京都
URL / ブログ
自己紹介
chiuchiuです。
読書は通勤電車。
行きは新聞を読み、帰りに開く本。
読んだそばから忘れていくという、身なので
あまり実にはなっていないかもしれない。

ず〜っとさぼり気味でした。
今年はちょっとがんばります!

漫画も入れたいが、漫画を入れたら小説の感想が見えなくなりそうなので我慢する。

読書グラフ

最近の感想・レビュー(240件)

どんな文章書くのだろうと思った好奇心から借りた。実際見ていたドラマや映画などもあったので、あのときはこんなこと考えていたのね〜と思いながら一気に読んでしまった。一気に読みすぎたせいか、実はあまり覚えていなくて、あのつかみどころのない感じは文章にも表れている気がした。でもまじめで色々考えているなあとも。役者の多くが凄く酒飲みだというところが結構スキです。次はもうちょっと丁寧に読もうと思う。
- コメント(0) - 1月14日

雪哉青春編。今まで雪哉より、年齢、身分共に上の人々ばかりで、年相応の舞台に立ったら天才すぎて色々画策してる雪哉の『黒さ』が出てます。名前が名前だけに黒さが目立つが、この著者は最初からきっとこの怜悧だが飄々とし過ぎず、優しさも垣間見え、身内に対する脆さも合わせ持つ魅力の『雪哉』を書きたかったんだろうなとニヤニヤする。謎解きよりも内面の深さと理不尽に対する行動、時折見せる軽妙さがこのシリーズの魅力、と思う。明留のとった行動はそこまで千早に嫌われるかーとちょっと不憫。次も図書館予約中。
★1 - コメント(0) - 2016年11月19日

2を読んで最後にがっかりしてたら、続いとるやんけー…と喜びのツッコミ。この著者は美しいものを美しく描くより、悲惨な場面や人間の感情のどす黒いところを醜く恐ろしく描くのがお上手です。お若いのに(逆に若さゆえか?)。小さな穴から覗いて見ていた世界が、すこしずつ広がっていくおもしろさがある。 このシリーズはずいぶんと、人(烏だけど)どうしのつながりなどがシビアだが、家族や兄弟という仲の良さに深い愛情を感じて、ホッとする。
- コメント(0) - 2016年10月31日

俳句やってます。吟行でボロボロだったとき、どうすればいいかよく分からず、手探りで模索している。高浜虚子が素晴らしい人だろうと思うが、俳句のどの辺がすごいのか?なんでこれが褒め称えられるの?ということに答えてくれる本だと思う。全部が全部正解じゃないかもしれないが、なるほどと思うことは多い。 全てノートに書き写して、季題に線引いて、分からないものは意味を簡単に書くという受験生みたいなことしました。笑。
- コメント(0) - 2016年10月21日

前回に比べて、断然面白いと思う。むしろこっちが書きたかった内容だったんだなあと。お若いのに、よく考えられてると思う。読み出すと止まらんので私は、休前日に開きます。キャラクターに一見感情移入しづらく、最後救われないなあと思う場面もあるけど、そこは流れの中の魅力のなのだと気づきました。もう一度、前回のを読み直したいです。澄尾いい味出してる。絵が素敵なので、全員の顔見てみたい。
- コメント(0) - 2016年10月19日

著者の本は初めて。名前は知っていたがNHK俳句を見ていて、最初『大丈夫か?』とハラハラしながら(失礼)見ていたが、著作を読んだら、すみませんと謝りたくなった。私自身俳句を始めて5年ほど経つが、こんなに色々考えられずギリギリで作っていました。迷っていてツライ時には励みになる本です。また私は吟行中心なので席題など勉強になる要素も沢山。図書館で借りたが、文庫で手元に置いておきたい。表紙の絵も好きです。
- コメント(0) - 2016年10月11日

NHKのラジオで日曜日にやっている『新日曜名作座』西田敏之と竹下景子ふたりでやっているラジオドラマが良く借りたが、よかった。本当に名言がたっぷりで、読み応えあり。みんな個性たっぷりだが、悩みはそれぞれシンプルなものから深刻なものまで。なんでこんなにみんな筋トレしてるのかと思ったら、筋トレ関係の雑誌に連載されてたんですねー。
- コメント(0) - 2016年10月10日

いとこに進められて借りた本。独特な世界観でした。見た目は普通なのに実は宇宙人…って、突拍子もないが、思春期を迎えた主人公の違和感にも通じている。ある意味見慣れて来た人たちや環境を知っているはずなのに改めて周りを理解する時に見える違和感や嫌悪感。見えてなかったけど見えて来たもの、自分たちが物質でできていると知識や教科書では知っているけど、普段実感して生きているわけではない知識と実感のギャップにも通じる、不思議な感覚なのかもと思いました。
★1 - コメント(0) - 2016年8月18日

chiuchiuさんの感想・レビュー

読んでる本(2冊)

107登録

著者グラフ

最近読んだ著者:堺雅人 森沢明夫 小西昭夫 岸本葉子 阿部智里 湊かなえ 西加奈子 南木佳士 三浦しをん 秋川滝美
chiuchiuさんの著者グラフ

お気に入り(4人)


ログイン新規登録(無料)